マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

≫ EDIT

プランが机上の空論にならないために

本日も晴れましたね。
梅雨のわりに、なんだか雨が少ない感じがします。

本日は新築中の上棟・断熱検査、
昨日は建築地の測量の立ち合い、
その前はやはり新築中の断熱検査、
さらにその前は建築地での設計の打合せ・・・

と、この1週間けっこう外に出ているので、
雨が少ないのは助かります。


雨が降ると工程がずれるので、
検査の日程調整が難しくなります。

監督さんは梅雨時は、余裕をとった日程を言ってくるのですが、
今年は天候が良いので、逆に予定が早くなった、
というケースもちらほらあります。

本日も、来週末の検査予定だったところ
前倒しできるとの連絡が入りましたが、
こちらはすでに予定が入っており、
当初の予定通りの日程でお願いしました。


それはさておき。先日の建築地での設計打合せ。

比較的建て込んだ立地なので、
日当たり、通風、眺望、プライバシーなど
周辺環境とプランとの確認をしました。

今回の敷地の場合、道路や隣地の高低差もあります。

現地で実際のサイズで確認したところ、
建築地が少し高くなっているので、
思っていたよりも陽あたりが確保できそうなことや、
空間の広がり方、眺望の抜け方も確認できました。

敷地に立ってお施主さんと建築士さんと話をしていると、
イメージもより具体的になり、
さらにいろいろな発想も膨らんできました。

難しい敷地条件に、若干プランも行き詰った感があったのですが、
お施主様も打合せ後はスッキリしたお顔で
「いい形になりそうです」と仰っていただきました。

「やっぱり机上の空論にならないよう、現場での打合せが大切だな」
と再認識した次第でした。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『間取りを比較するときに、間取り以上に大事なことは?』
『図面だけでは空間の広さは分かりません?!』
『土地の現地確認時の注意点“電線”』


|  |-間取りとデザイン | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家を建てるなら初めに知っておきたい土地の話 今週末セミナー開催

今週末も、草野はセミナー講師です。

今回は岐阜県の大垣市と可児市のハウジングセンターで、
土地探しをテーマにお話しします。

皆さまのご参加お待ちしています!



     『家を建てるなら初めに知っておきたい 土地の話』
       大垣・可児にて6月23日 セミナー開催


 土地によって建てられる家は変わります。法規制の関係で思っていた
 大きさの建物が建たなかったり、前面道路の関係で敷地が削られる、
 造成で思った以上に費用がかかってしまったりなど、注意すべき点を
 1000件の家づくりを見てきた住宅コンサルタントがお話しします。

【大垣会場】6月23日(土)10:15~11:45
      大垣中日ハウジングセンター 事務局
      大垣市鶴見町435-1(無料駐車場あり)
【可児会場】6月23日(土)14:30~16:00
      可児中日ハウジングセンター 事務局
      可児市下恵土字針田4100(無料駐車場あり)
【講  師】草野芳史
【そ の 他】参加無料、予約制

     >>>問合せはコチラ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『講演ラッシュ! で、気になる口グセ・・・』
『消費税増税前に家を建てるには? セミナー開催します』
『迷ってばかりで進まない時に・・・ 選ばなかった土地に対する考え方』


| ◆セミナー・相談会情報 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

講演ラッシュ! で、気になる口グセ・・・

このところ、更新がまばらになってしまった当ブログ。
たまの更新も、セミナーの案内だったり・・・

家づくりのご相談もしっかりやっているのですが、ご案内の通り、
セミナーや相談会などの講師業で忙しくなっています!

特に、5月のゴールデンウィーク明け以降は、
女子大での講義や内々のセミナーなどが重なり、
講義の回数は12コマにものぼり、ラッシュ状態!


これだけ講義をしていて気になるのが、話し方。

滑舌悪く、声も小さい草野。
これではいけないと、ボイストレーニングに通い出しました。

ようやく腹式呼吸にも慣れてきて、
ボイストレーニングにて録音してもらった
自分の喋りを聞いてみると、多少は進歩しています。

ただ、60分なり90分話すと、
まだまだこれまでの癖が抜けません。

そこで、セミナーでの自分の喋りを確認してみようと、
ICレコーダーを買っちゃいました!

ICレコーダー


昨日もちょうどセミナーがありましたので、
さっそく自分の講演を録音して聞いてみました。

話しの内容自体は、参加いただいた方から
「本当に役に立つ話ばかりでとっても面白かった」
「実体験のリアルなお話が聞けて、とても満足しています」

などのコメントをいただいたので、まあ良いのですが。。。

気になったのは、口グセ!
同じ言葉を何度も言ってしまっています。

「えっとォ・・・」「やっぱり」「一応」
「まぁ・・・」「~ですね」
などなど。


まぁ、一応、気を付けてるつもりなンですけどね、
やっぱり口グセというのが、まぁ、無意識にというか、
人前で話すと緊張してですね、出てしまうものなンですね。

やっぱり、自分で聞いても、クドいというかですね、
うざったいというか、なンですよね。

まぁ、一応トレーニングにも通っているンだから、
もうちょっと何とかならないかな。
まぁ、そんな風に感じてしまったんですよね・・・

と、口グセを真似て書くと、こんな感じ。
まぁ、やっぱりスマートとは言えない、ですね!


草野の趣味であるピアノでも、
自分の演奏を録音して聴いてみると
いろいろ気づくことがあります。

しばらくの間、セミナーの様子を録音して
発声の仕方や言葉の使い方などを研究します!


ちなみに、このボイスレコーダー、
ソニーのICD-PX470Fで、ビックカメラで税込み8200円。

買ったその日にいきなり使ってみましたが、
ボタンや画面表示が分かりやすく、難なく録音できました。

音質もセミナーとかの録音なら十分。
74gと小型軽量なので、いろんな場面で
自分の喋りを録音してみたいと思います!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『「500万円お得にマイホームを手に入れる方法」セミナー開催します』
『今年も女子大でFP講義スタート。今年の念願は?!』
『家の買い時は? 住宅ローンの選び方は? セミナー開催します』


|  |-管理人のひとりごと | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モデルハウスのまわり方&土地探しセミナー 開催します

今度の日曜日、名古屋市西区のCBCハウジング名駅北にて、
これから家づくりをお考えの方向けのセミナーを開催します。

皆さまのご参加お待ちしています!



     「モデルハウスのまわり方&土地探し」セミナー
      CBCハウジング名駅北にて6月3日開催



【11:00~12:00】
『プロが伝授する モデルハウスでどこを見る? 何を訊く?』

モデルハウスには見どころが多くて、何を見てよいか迷ってしまうこ
とも。そんな時にはこの質問! 営業マンや住宅会社の本音が見えて
きます。これから住宅会社選びをお考えの方、必見!

【13:30~14:30】
『いい土地がスムーズに見つかる 土地探し成功術』
ネットだけでいい土地は見つかりません。情報の集め方や不動産会社
との付き合い方、土地の見極め方、効果的な値引き交渉法など、土地
探しで知っておきたいコツをお話しします。

・日 程  6月3日(日)
・会 場  CBCハウジング名駅北 センターハウス
      名古屋市西区菊井1丁目23-18
・講 師  草野芳史(CFP(r)、住宅ローンアドバイザー
      宅地建物取引士)
・その他  参加無料

      >>>問合せはコチラから


| ◆セミナー・相談会情報 | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“間違ってないけど、しっくりこない・・・” 基礎配筋検査にて

昨日は、施工中の基礎配筋検査にお伺いしてきました。

コンクリートを打つ前の配筋の施工状況として、
 ・鉄筋の太さ
 ・鉄筋の間隔
 ・鉄筋のかぶり厚さ
 ・鉄筋の結束状況
 ・開口部や配管貫通部等の補強
 ・防湿シートの破れ
等を見ていきます。

昨日は、大手ハウスメーカーの現場で、
上記を一つずつ見ていくのですが・・・

丁寧な施工で、指摘がほとんど出ませんでした。
素晴らしい!


唯一といってよい指摘事項は、補強について。

設計上、強度が求められる箇所で、
補強の鉄筋などが密集(多重結束)してしまっているのです。

鉄筋が多いのは良いことのように思えるかもしれませんが、
いちがいにそうとも言えません。

鉄筋が多くなると、コンクリートが
うまく流れ込まないこともあるからです。

鉄筋のまわりにコンクリートが無いと、
所定の強度が出なかったり鉄筋が錆びる原因になります。


設計者としては、必要な強度を取ろうと設計するのですが、
それをうまく納める職人さんは一苦労です。

今回の施工箇所も、たくさんの鉄筋が入り乱れ、
職人さんの苦労が浮かばれます。

職人さんと話をすると
「あーでもない、こーでもないと、かなり時間をかけた」
とのこと。


実は、こういった鉄筋の密集については、
住宅会社ごとに規定が決められていたりしますが、
今回のハウスメーカーの場合は特に規定が無いとのこと。

ですので、施工の内容としてはダメではありません。
ただ、指摘を受けた職人さんから出たのは、こんな言葉。

「確かに、このやり方は間違ってはいないけど、
 しっくりこないんだよね」


と言って、やり直してくれました。
ありがとうございます!

職人さんによっては、指摘を受けると露骨に嫌な顔をする人もいますが、
とても気持ち良い対応でした。


ちなみに、このハウスメーカーは基礎工事については、
専門の現場監督さんがチェックする体制になっています。

検査前にも、どんな点をチェックするのか問い合わせて頂いたり、
施工も丁寧、指摘や質問にも的確に答えてくれるなど、
施工に対する意識の高いハウスメーカーさんでした。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『施工中のホームインスペクションの必要性』
『惜しい! あと釘一本!! 大手ハウスメーカーの上棟検査にて』
『ちゃんとした基礎コンクリート工事をしてもらうには?』


|  |-建築現場の注意点 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT