本日水曜日は、住宅相談センターの定休日。
久しぶりに1日のんびり過ごしました。


例年3~4月は住宅の引き渡しが増えるのに合わせて
ホームインスペクション(住宅診断)も増えますが、
今年はオフィスの移転が重なり、かなりバッタバタ。

そんな中でも立て続けに
コンサルティングのご依頼をいただきました。

さらに先日の日曜日はピアノの発表会で、
子どもたちとともに草野も出演。

リハーサルがボロボロで、カミさんが
“本番どうなることかと思った”ほどでしたが、
本番はなんとかそれなりに弾ききることができました。

・・・と、いろいろありましたが、
大きなイベントも無事に終わりホッとひと息です。


時間があったので、まずはピアノの新曲選び。

草野は毎年1曲ピアノのレッスンを受け、
その集大成として発表会で演奏しています。

発表会初参加の一昨年がベートーヴェン、
去年がドビュッシー、今年がモーツァルトと来ました。

今度はショパンあたりかな?
ということで、何曲かパラパラ弾いてみました。

ピアノ

そうすぐに決められるものではないので、
もう少し考えます。


次に、庭の家庭菜園の土起こし。

ゴールデンウィークの苗を植え付けに向けて、
土を耕します。

畑


お昼を食べたら、床屋に行って髪を切り、
パソコンの周辺機器の整理。

ネットの接続が安定しないのでLANケーブルを交換したり、
不要なものを片づけたり。

そして夜ご飯は
ばあちゃんの誕生日のお祝いで、家族で外食。


・・・と、1日が過ぎていきましたが、
意外といろいろなことができました。

これから4月後半から5月にかけての草野。

毎週のようにハウジングセンターでのセミナー講師や、
女子大でのFP講座の講義が入っていたり、
今週は東京への出張もあります。

束の間の休息でリフレッシュ。
明日から頑張ります!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『春の陽気のなか、お寺で古楽器コンサートvol.5開催しました』
『2016年の柿の収穫』
『ファンタスティックな空間「ぬくもりの森」(浜名湖旅行記1)』


テーマ:日々出来事
ジャンル:ライフ
昨日は平日でしたが、3組のご相談が入りました。

そして、うち2組のご相談者からは
コンサルティングメニューの「建築安心パック」
お申し込みをいただきました!

この建築安心パックは、
 ・資金計画の提案
 ・住宅ローンの提案
 ・図面・見積・工事請負契約書の確認
 ・施工中の検査(全5回)

に、家づくりのご相談が回数無制限でついているというもので、
これから注文住宅を建てる方向けのメニューです。


今回ご依頼いただいたのは、建築条件付きの土地をご契約され、
これから建物のプランを検討していく方と、
これから建売住宅を探すという方。

建築条件付きの土地に注文住宅を建てるという方には、
まさに建築安心パックがピッタリですが、
建売住宅の購入では施工中の検査はできないのでは?
と思う人もいるかもしれません。

でも、建売住宅のご購入でも、大丈夫なのです!


建売住宅の販売時期はいろいろで、
すでに完成している物件が売られていることもあれば、
まだ着工前でも販売されることがあります。

今回のご依頼者は、完成している建売住宅だと
どのように施工されているのか不安なので、
着工前の物件をお探しになるとのことでした。

ですので、物件選びからアドバイスさせていただきます。

実際に先ごろ竣工した別のご相談者も、
建売住宅を着工前にご契約され、
建築安心パックをご依頼いただきました。

もし、着工前ではなく完成物件を購入することになった時には、
行わなかった検査分の料金はお返ししますので、ご安心ください。


ちなみに、この建築安心パックは40万円ほどの料金がかかりますが、
昨日を含め、この3日間ほどで3組のご依頼をいただいています。

建築安心パックは、家づくりにあたっての不安要素
 ・おカネの不安
 ・契約上の不安
 ・品質上の不安

のすべてを解消します。

これから家づくりをお考えの方は、
まずはお気軽にお問い合わせください!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『名古屋市I様からコンサルティングのご感想いただきました!』
『「建築安心パック」の案内パンフレット、ようやく作りました』
『住宅相談センターは訴訟ビジネスではなく“予防ビジネス”』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
本日、住宅相談センターのメールマガジン
『家づくりナビゲーション』のVol.177を発行しました。


今号の“家づくり豆知識”は、住宅相談センター代表・吉田の
「土地購入・売買契約の注意点21『ローン条項』」

『不動産売買契約書には買主が住宅ローンを利用する場合、
 「〇年〇月〇日までに住宅ローンの申し込みを行って融資
 の承認を得ること」という条文があり、「万一その期日ま
 でに承認を得ることができなかった場合は白紙解約できる」
 ことになっています・・・』


この条文の注意点について解説しています。


他にも、
 ・住まいづくりの第一歩セミナー 桑名にて4月22日開催
 ・東海地方の家づくりイベント情報
 ・ライフプラン通信2017年春号 発行しました

といった記事があります。

メルマガ『家づくりナビゲーション』を購読希望の方は、
下記問合せフォームからお申込み下さい。

   >>>メルマガ申込フォームはコチラ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.176発行』
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.175発行』
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.174発行』

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
昨日、ある不動産会社の社長さんとお話しましたが、
その中で“一括査定”の話が出ました。

不動産の一括査定とは、家や土地を売却したい人が
インターネットで複数の不動産会社に査定依頼を出せる仕組み。

不動産の査定額というのは不動産会社によってばらつきがあり、
数社に査定依頼しないと客観的な額が分かりません。

これまでは査定の際には一軒一軒不動産会社に
問い合わせする必要がありましたが、一括査定を利用すれば
手間なく一度にたくさんの不動産会社に査定してもらえるという訳です。


この査定。
ネットの一括査定に限りませんが、よくあるのが

1)高い査定額を提示した会社と媒介契約を締結
      ↓↓↓
2)高い値付けで売り出したものの数か月経っても売れない
      ↓↓↓
3)不動産会社から値下げを打診される
      ↓↓↓
4)値下げしたものの、すでに情報が晒されているため売れない
      ↓↓↓
5)さらに値下げ・・・


という悪循環。

不動産会社からすれば、媒介依頼さえ取れれば
あとは何とかなるということで、高い査定額を提示する訳です。

先週お話ししたご相談者も、ネットの一括査定ではありませんでしたが、
マンションの売却で同じような事態になっていました。


実際にその金額で買取るのであればその根拠や責任は明確ですが、
査定というのはあくまで「それくらいの金額で売れるでしょう」というモノ。

不動産会社の中には、査定額を「一般の仲介に出したとき」と
「自社で買い取りしたとき」の2種類提示し、
仲介で売れなかった時には買取保証をするというところもあります。
(買取価格は、仲介の査定額よりは低くなりますが)

でも、単なる査定の場合、その金額で売れなくても
不動産会社に責任はありません。


しかも、高額な査定をする不動産会社や営業マン。

怖いもの知らずというか無鉄砲というか、
後先のリスクを考えず受注のために良いことしか言わないため、
あとでどんな落とし穴があるか分かりません。

こんな不動産会社は、業界の中では一部でしょうが、
根絶することは難しいでしょう・・・


と話していて、ふと思いついたのが、
「売却額が査定額を下回った際の保証を付ければよいのでは?」
ということ。

例えば、1800万円と査定額を提示したら、
多少の前後はあるので、1600万円以下でしか売れなかった場合、
いくらかの補償金などを支払うというもの。

これなら不動産会社もむやみ高い査定を出すわけにいきませんし、
販売活動に力を入れざるを得ません。

良識ある不動産会社なら当たり前のことですから、
それを“保証”という形で明示すれば、
不届きな不動産会社と差別することになります。

お話ししていた不動産会社の社長さんも、
「それ、いいですねぇ」と好感触。


もしかしたら、そのうちこんな保証を付ける不動産会社が
出てくるかもしれません。

ただ、現時点ではそんな会社はありませんので、
不動産の査定を依頼する際は、高額な査定に踊らされず、
しっかりと査定の根拠や販売の方法などを確認することをお勧めします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『もうじき住宅業界が不動産業界に呑み込まれる?!』
『不動産売却時の税金を抑えるためには』
『大手と地場、不動産会社の違いは?』



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
この4月に新居が完成した名古屋市のI様から
草野のコンサルティング業務についてコメントをいただきました。

I様には昨年の夏ごろ、ちょうど住宅会社選びの最中に
初めてのご相談をいただきました。

すでに数社のハウスメーカーと商談が進んでおり、
「今月中に契約いただければ○○万円を値引きします」
と契約を迫られていたところでした。

ハウスメーカーからすれば当然の流れですが、
その段階で契約してしまうと、あとから追加・増額という
お決まりのパターンになってしまいます。

そこで「値引きの話をするのは納得できる間取を固め、
仕様をしっかり確認してから」と、契約をお止めしました。

案の定、その後の打合せで大幅な値引きのうえに
グレードアップも引き出し、I様からは
「あの時契約していなくてよかった」
とのお言葉をいただきました。

着工後も5回の検査(ホームインスペクション)を行うなど
サポートをさせていただきました。

では、I様からもご了解をいただきましたので、
コンサルティングのご感想をご紹介します!


アンケート_名古屋市I様


1.ご利用いただいたコンサルティング・メニューは何ですか?

  【 建築安心パック 】

   ※ホームインスペクションにチェックが入っていますが、
    図面・見積のチェックや間取のご相談などもやっています。


2.ご利用いただいたコンサルティングはいかがでしたか?

  【 満足している 】


3.弊社のコンサルティングについて、10点満点でお答え下さい

 1)疑問や質問に対する反応スピード 【 10点 】

  『あらゆる疑問に素早く対応していただいたと思います』



 2)コンサルタントからの提案内容 【 10点 】

  『契約前にする事、間取りで造っておいたほうが便利なもの、ス
   イッチ・コンセントの場所etc 細かいところまで提案していた
   だき、助かりました』



 3)提案や説明の分かりやすさ 【 10点 】

  『電話や対面でも、丁寧にわかりやすく説明していただいたと思い
   ます』



 4)コンサルティング料金 【 9点 】

  『安いとは言えませんが、何度も足を運んでいただいてしっかり検
   査して頂いたので、妥当なところでしょうか』



4.お知り合いが家を建てたり住宅ローンを借り換える際、
  住宅相談センターを勧めたいですか?

  【 訊かれれば勧める 】


5.コンサルティングを申し込んでよかったことや解決したこと、
  ご感想を教えて下さい

  『はじめてのことで、HMさんとのやりとりのアドバイスは本当に
   助かりました。HMの営業の方も“うちはきちんと検査しますの
   で”とホームインスペクションをつけることをいやがった感じで
   したが、結果的にHMの見落しもきちんと指摘して下さったので、
   よかったです。まだ少し残っていますが、長い間おつきあい下さ
   りありがとうございました』



専属のインテリアコーディネーターがついて
とても素敵な新居が完成したIさま。

コンサルティングにもご満足いただけ、何よりでした!

まだ手直しが残っており、少し気が早いですが、
新居の完成おめでとうございます!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『誕生日に家づくり成功パックをご依頼いただきました!』
『建築安心パックご依頼の小牧市T様からご感想いただきました』
『“建物購入パック”ご依頼いただいた千種区M様のご感想』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ