マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

分からないことは遠慮なく質問しよう!

こんにちは、草野です。

住宅会社と商談していると、
「正式な契約前なので、細かい注文は控えておこう」
と遠慮してしまう方もいらっしゃると思います。
いかにも日本人らしいですね。

本日、お越しいただいたご相談者もそんな方。

リフォームをお考えで、
数社から見積を提出してもらったものの、
小規模リフォームということで図面がなかったり、
見積に詳しい仕様が記載されていなかったりで、
内容を十分に理解できないとのこと。

しかも、会社によって言うことが正反対だったりするので、
どちらが正しいのか判断が付かず、
第三者の意見が聞きたいとのこと。

そこで、こんなご質問をしました。

草野 「見積内容について、住宅会社に質問をしましたか?」
相談者「ざっと説明を受けただけです」


とのことでしたので、以下のように続けました。

草野 「見積だけでは、プロでも分からないことがありますよ。
     分からないことは、どんどん質問していいですよ」
相談者「まだ正式に工事をお願いするか分からないので、
     そんなことを聞いてもよいのか分からなかったんです」
草野 「詳細なモノ決めなどは
     1社に絞ってからの方が良いと思いますが、
     まだ1社に絞る判断材料が無い状況ですよね?」
相談者「そうなんです。いまのままでは決めかねます」
草野 「見積内容の説明を求めるのはあたり前のことですし、
     そのための補足資料を要望するのも問題ありません」
相談者「ナルホド。どんな材料でどのような施工をするのかも
     分からなかったんです」
草野 「簡単なイメージ図や事例写真などがあると、
     より分かりやすいですので、お願いするといいですよ!」


ということで、分からない点を整理して、
住宅会社に問合せをすることになりました。

「慎み深い」というのは日本人の美点ではありますが、
遠慮の度が過ぎるのも良し悪しです。

もし、「契約前だからそんなことは答えられない」
なんて言われたら、そんな住宅会社には
頼まなければ良いだけのこと。

分からないことは遠慮なく聞いてみましょう!
きっと、住宅会社も喜んで答えてくれますよ!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『遠慮せず要望を住宅会社へぶつけよう!』
『住宅会社選び 何社からプラン提案を受ける?』
『話しが弾むって大事なこと!』

| ◆住宅会社選び | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/963-eb5ace5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT