マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家が建てられない?! 分筆の注意点

こんにちは、草野です。

昨日お越しいただいたご相談者は、
ご実家の敷地を分筆し、
そこに新居を建てるというご計画。

すでに建っている建物に影響しないよう、
建築できるスペースは間口が狭く、
しかもイビツになってしまいます。

そのため、柔軟性の高い家づくりができる
「工務店」と話を進めることになりました。

今回のように、敷地を分筆して家を建てる場合、
注意すべき点があります。

それは、既存の敷地の建物が、
建築基準法違反
にならないように分筆するということ。

自分が新築する敷地や建物については
法律違反にならないように気が回るでしょうが、
分筆して残る敷地や建物についても、
しっかり気をつけないといけないのです。

例えば、こんなケース。
 ・建ぺい率:60%
 ・敷地面積:100坪
 ・既存建物の建築面積:30坪

新居の敷地をできるだけ大きく取ろうと、
既存部分40坪、新居部分60坪と分筆するとどうなるか。

敷地面積40坪×建ぺい率60%=24坪となってしまい、
既存建物の建築面積30坪を下回り、
建築基準法違反になってしまいます。

今回のご相談者の場合、
特に既存建物の採光計算を満たすように分筆する必要があり、
そのため新築計画にも制約が出たのでした。

ご実家などの敷地を分筆して家づくりという方は
結構いらっしゃると思います。
知らずに計画を進めてしまい、
後から家が建てられないなんてことにならないように、
こんな点にも注意してみてください。

 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『土地探し 法規面のチェックポイント(ブログ注文住宅入門 その19)』
『敷地の接道義務』
『土地購入時のチェックポイント「セットバック」』

|  |-住宅の税金と法制度 | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/943-4c0143a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT