マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スマートグリッドへと続く道

こんにちは、草野です。

昨日からご紹介している、ダイワハウスさんの八事展示場
“家庭用リチウムイオン蓄電池付モデルハウス”
「エコライフ」を優雅に演出する照明も見どころ。

世界的な照明演出家の豊久将三氏とのコラボで、
一般的なダウンライトはほとんど使わず、
間接照明とお洒落な照明器具の組み合わせで、
空間を演出しています。

こちらはリビング。個性的な照明器具が下がっています。
リビング

こちらはキッチン。間接照明です。
LED照明(昼)

ちなみに使われているライトは全てLED照明
省電力・長寿命が特徴のLEDですが、
明るさや色味を調整することもできます。

上記写真は昼用になっていますが、下の写真は夜用。
色味が違うのが分かりますか?
(ちょっと分かりにくいですね(^^;)
LED照明(夜)

なぜこのようなことが出来るかというと、
ご覧のようにいくつかのタイプの光源があるから。
LED照明

などなど、最新の技術で優雅にエコを実践できるモデルハウス。
新省エネ基準の一般住宅に比べて、
CO2を65%、光熱費を102%削減できるのだそう。

そのためのマネジメントシステムが「D-HEMS」。
消費している電力や発電している電力量がひと目で分かり、
省エネ性・経済性を優先させるモード切替ができたり、
家電製品や住宅設備機器を一括制御することもできます。

操作は簡単。こちらの壁面モニター
コントロールパネル
i-Phoneで直感的に操作できます。
iPhone

こうした技術と太陽光発電、蓄電池などを組み合わせることで、
これまで出来なかった、家庭で発電した電気を貯めておき、
効率よく使うことが可能になりました。

さらに、その先に見えるのが次世代型電力供給インフラ
「スマートグリッド」

電力の流れを供給側・需要側の両方から制御・最適化したり、
家庭で発電された不安定な電気を安定した状態にする際に、
このモデルハウスで試されている技術が活かされます。

スマートグリッドも、今年から豊田市など
全国4地域で実証実験が始まっています。

このモデルハウスを見た人が一様に発するコトバ
『こんな時代がくるのか!』も、
もう目の前ですね!

   >>>ダイワハウス八事展示場のご案内はこちら


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『国内初! 家庭用リチウムイオン蓄電池付モデルハウス』
『知る人ぞ知る?! エコ住宅向け補助金』
『住宅省エネ最前線 ~建築総合展NAGOYA 2009にて(その1)』

|  |-その他の事業者 | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/923-0f1dfee9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT