マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建売でもやっておきたい、施工中のインスペクション

こんにちは、草野です。

昨日は、名古屋市熱田区まで建売住宅の
ホームインスペクション(住宅診断)
にお伺いしてきました。

通常、建売住宅の場合は
すでに建物が完成しているケースが多いのですが、
今回はまだ完成してないので、
これ幸い、施工中の検査ができました。

上棟後時間が経ち、室内の壁には
石膏ボードが張られていたので
断熱材の施工状況は分かりませんでしたが、
それでも施工中だからこそ分かる指摘箇所が
何箇所かありました。

例えば、基礎コンクリートの一部がハツってあったり、
石膏ボードのビス留めの間隔が不均等だったり、
パイプスペースの裏側には石膏ボードがなかったりなど。
パイプスペース

また、床下を覗いてみると、そこには水が溜まっていました。
完成してしまうと乾燥しにくい箇所ですので、
早めの処置が望まれます。
床下

ご依頼いただいたお客さまへは、
12の指摘箇所を報告書に取りまとめて、
写真と合わせてお渡ししました。

完成したら隠れてしまう箇所も、
施工中なら検査できますし、手直しも容易。
こういった第三者によるチェックが
欠陥住宅の防止に繋がります。

建売住宅でも、もし建物が完成していなければ、
ぜひご自身で施工具合の確認をするか、
ホームインスペクションを依頼なさることをお薦めします。

 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『断熱材の現場検査』
『建売住宅でもインスペクション(住宅診断)』
『住宅を診断するホームインスペクター』

|  |-インスペクション事例 | 20:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/912-48fdc2ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT