マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

断熱材の現場検査

こんにちは、草野です。

昨日は愛知県東海市まで、
現場検査(インスペクション)に行ってきました。

今回は「断熱材検査」
住宅の基本性能である断熱性に直結する検査です。

断熱というのは、いくら高性能な断熱材を
分厚く入れたからといって、断熱材に隙間があれば
そこから外気が出入りするので、全く意味がありません。

そこで、インスペクションでは
 ・断熱材の品質や規格は適合しているか
 ・やぶれ・破損は無いか
 ・隙間は無いか
 ・設置不足は無いか
 ・設置方法は適切か
 ・配管口まわりの処理は適切か
 ・配線や配管による欠損は無いか

などを、断熱材の施工箇所全てチェックします。

昨日の現場は大手ハウスメーカーの施工でしたが、
職人が違ったのか1階と2階で仕上りがかなり違っており、
断熱材の隙間や防湿シートの破れ・めくれ等、
指摘箇所がいくつか出ました。

人間のやることですので、どうしてもミスは出ます。
欠陥住宅の防止には、
やっぱり何重ものチェックが必要ですね。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『構造・工法によって変わる検査内容』
『外壁のホームインスペクション』
『住宅を診断するホームインスペクター』

|  |-インスペクション事例 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/910-98291d59

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT