マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家族が暮らすための「ログホーム」 アリアホームさん

こんにちは、草野です。

昨日一昨日と、ログハウスができていく様子を
アリアホームさんの「ログ積み体験会」からご紹介しました。
本日は、こうして出来上がったこだわりのログハウスに
お住まいの方から聞いた“ナマの声”をご紹介します。

このOB施主は、先日の体験会会場にいらっしゃったYさん。
2年ほど前に、このすぐ近所でログハウスをお建てになりました。

ログハウスを建てる方に多いように、
Yさんも以前からログハウスを建てたいと思い、
たくさんのログハウスを見学、
その数100棟にも上ったそう。

そんな研究の結果アリアホームさんの手がけるホンカを選んだのは
「他のログハウスメーカーよりも、
材料や施工がキッチリしていた」
という理由。

ログハウスメーカーの中には、
斧で削りだしたようなワイルドで野趣溢れる、
ハッキリ書くと隙間風が入るような「荒っぽい」
建物を作る会社もあったそう。

ホンカは、先日ご紹介したとおり、
特許を取得するなど研究・開発によって
現代の生活に合わせたログハウスをつくっている、
そんな点に共感されたのでしょうか。

実際に2年間ホンカのログハウスで
お暮らしになった感想をお聞きすると、
「夏も冬も室内の気温がほとんど変わらず、とても快適」
とのこと。

木の持つ断熱性能のほか、調湿機能、そして温かな肌触りなど、
室内全てが木というメリットが生きています。

このYさん、ログハウスが完成した後も
イベントに参加されるほどの、ホンカ・ログハウスのファン。
その良さを伝えたいということで、
ナントご自宅にご案内いただきました。

Yさん邸

ご覧の通り、明るいベージュの外壁と大屋根が印象的。
ドアの明るいグリーンと相まって、北欧テイスト溢れています。

延床面積は40坪程度ですが、床面積以上の存在感があります。
よくお手入れされた外構が、建物を引き立てています!
大きなヒサシのおかげか、外壁はとても綺麗です。

突然のご訪問でしたので外観だけの見学でしたが、
薪ストーブや吹抜けのある室内など、
いずれ拝見したいものです!

アリアホームさんは、実は「ログハウス」と呼ばず
「ログホーム」と呼んで、
ホーム、つまりそこで暮らす家族の生活を大事にしています。

実際にホンカのログホームを選ぶ方は、
その人らしいライフスタイルをお持ちの方が多いとか。
Yさまにも、その一端を垣間見た思いです。

・・・と、思わぬ出会いもあった今回のログ積み体験会。

初夏らしい爽やかな陽気、しかも
目の前が公園というロケーションにログがピッタリ、
思わず午前中いっぱい風に吹かれて
のんびりしてしまいました(^^)

ログ積み現場からの眺め

 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『ログハウスってどんな建物?』
『行ってきました「北欧フェア」』
『シンプル&ナチュラルといえば・・・ログハウス!』

|  |-その他の事業者 | 10:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/852-5e28ba9c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT