マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建築条件付土地 住宅会社の見極め方

こんにちは、草野です。

先日、ホームページより
建築条件付の土地について
お問合せをいただきました。

建築条件付の土地というのは、まず土地の契約をした後、
建物の打合せを行い、建物のプラン・金額が気に入らなければ、
土地の契約を無条件で解除できるというものです。

ポイントは、建売住宅と違い
土地と建物の契約が「同時」ではないという点。

ときどき売主や仲介業者から、
「土地と建物を同時に契約しましょう」
と迫られることがありますが、
建物の契約をしてしまうと、
無条件での土地解約は出来なくなるので、
注意が必要です。

ただ、いくら「建物のプランが気に入れなければ
土地を解約できる」からといって、
安易に土地を契約してしまうのも考え物。

土地の売買契約書に貼った印紙代は戻ってきませんし、
建物の打合せをした手間隙も帰ってきません。

そこで、建築条件付の土地を契約する前には、
その土地の良し悪しだけでなく、
施工する住宅会社のこともよく見極めましょう。

ということで、住宅会社を見る際のポイントを
いくつか挙げてみます。

 ・家づくりに対する考え方
 ・過去の実績
   建物種類:住宅(建売・注文)、店舗、事務所、
        ビル、公共建築物
   構造・工法:木造、鉄骨造、RC造
   デザイン性
   価格(坪単価)
   年間着工棟数
   元請けか下請けか
 ・顧客層(年齢)
 ・打合せ期間・方法・回数
 ・施工期間
 ・担当窓口は誰か?(営業・設計・現場)
 ・会社規模・社員数(総数、営業、現場監督)
 ・保証(第三者完成保証、地盤保証、性能表示の適用)
 ・アフターメンテナンス体制


建築条件付の土地は、売主側は
土地だけでなく建物とあわせて利益を確保できるため、
土地の値段は低めに設定されていることがありますので、
くれぐれも目の前の値段に惑わされないように!

 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『話しが弾むって大事なこと!』
『建築会社の選び方「提案」「コミュニケーション」「安心感」』
『建築条件付の土地』

| ◆住宅会社選び | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/846-b62a3132

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT