マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちはるさんのインタビュー「寛ぎの場所」

こんにちは、草野です。

昨日ご紹介した住生活情報マガジン『余はく』

毎号、巻頭では「余はくを自分色に・・・
著名人のライフスタイルをちょっと覗き見!」
をテーマに、
インタビューを掲載しています。

先日発行の最新号に登場したのは、タレントのちはるさん

家やインテリアに関連する著書も多く、
タレント活動以外にもさまざまな顔を持つだけに、
興味深いコメントも多々あります。

そこで、本日はインタビューの内容を誌面からちょこっとご紹介します。
インタビュー扉

ちはるさんの家づくりは約10年前。
自由度がきかない建売住宅中心の建築会社相手に、
「一生に一度の大きな買い物。あとで後悔したくない」
という一心で、自分で素材や価格を調べ上げ、交渉。

「そんなことをしたら高くつきますよ」
という建築士の言葉を何度も受けながらも、
趣味で集めたペンダントライトや
アンティークのコンセントカバーやフックなど、
細部にまでこだわり抜いたそう。

さらに毎日のように現場まで確認に行っているうちに、
大工さんにも熱心さが伝わり、
「大工さんって、住み人に喜んで欲しいって気持ちが
 すごく大きいんですよね。最後には余っている木材を
 自宅から持ってきてくれたり、とても良くしてくれたんですよ」

というお付合いになったそう。
インタビュー4

そうしてこだわり抜いて出来上がった家が、
カフェを始めるきっかけに。
インタビュー1

ちはるさんの家づくりやインテリアが書籍で紹介され、
あわせて開設されたホームページでは同好の士の交流が盛んに。
そんな中から上がった「みんなが集まれる場所があったらいいね」
という声が、カフェ「CHUM APARTMENT(通称チャムアパ)」
オープンへつながっていきました。

「チャムアパ」は、外国の写真や映画、テレビドラマなども参考に、
壁には漆喰を厚く塗りこめたり、バラカンピンクという
モロッコの建物によく使われるペンキを使うなど、
時間がたっても古さではなく味わいがでるような素材を使用。
インタビュー3

照明もデザインや電球の色、明るさなど、
光の陰影をスペースごとに変え、
表情豊かな空間を作りあげ、

「駅から少し離れた場所にあるから、
 わざわざ来てくれる方ばかりで、
 時間をゆっくり楽しみに来られます。
 だから私のカフェには、
 時計を置いていないんですよ」


という、自然と身体からチカラが“ふぅ~”と抜けてゆく、
寛げるカフェになりました。
こんなカフェ、草野も一度行ってみたいですね。
インタビュー2

   >>>「CHUM APARTMENT」さんのHPはコチラ

ちはるさんのインタビュー記事は、
住生活情報マガジン『余はく』でご覧いただけます。
ご覧にたりたい方は、フリーペーパーですので、
下記からお気軽にお問合せ下さいませ。

   >>>余はくのお問合せはコチラ

|  |-家づくりメルマガ | 12:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/819-933ff5e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT