マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

瑕疵担保履行法、本日スタート!

こんにちは、草野です。

本日からいよいよ10月がスタート!
季節もすっかり秋、早いものですね!
クールビズも終わり、本日から衣替えという方もいることと思います。

本日を境に、建築・住宅業界でも大きく変わることがあります。
それが、引き渡した住宅の「瑕疵担保責任」について。

「瑕疵担保責任」というのは、
売買した商品に欠陥などがあったときに、
買主に対して売主が負わなければいけない責任のこと。

住宅に関しては、平成12年4月に施行された
「住宅の品質確保促進等に関する法律」において、
住宅を施工した建設会社等に
10年間の瑕疵担保責任が義務付けられました。

が!

かの某建築士による耐震偽装事件で、
売主の倒産で偽装マンションの住人が不利益を受けるなど、
瑕疵担保責任が履行されない事態が起こりました。

そこで、万一住宅に瑕疵があった際、ちゃんと瑕疵担保が実行されるよう
平成19年5月30日に公布されたのが「住宅瑕疵担保履行法」
(正式には「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」)
そしていよいよ本日10月1日から施行されます。

この住宅瑕疵担保履行法によって何が変わるのでしょうか?

それは、これまでは任意であった「第三者瑕疵保証制度」が、
必ず「住宅瑕疵担保責任保険」に加入するか、
もし保険に入らないのであれば、供託所へ供託金の供託を
しなければならなくなったことです。

自動車にたとえて言うと、任意の自動車保険でよかったものが、
強制加入の「自賠責(自動車損害賠償責任保険)」に
切り替わったようなものでしょうか。

(ちなみに、この保険加入や供託というのは、
 施工会社や販売会社が行なうものなので、
 施主や買主が何か手続きを行なう必要はありません)

これで、本日10月1日以降引き渡される新築住宅については、
全て瑕疵担保責任保険(もしくは供託)が適用されるので、
万一施工会社や販売会社が倒産したとしても、
最低限の瑕疵担保は確保されます。

また、保険機関による工事中の現場確認が2回入りますので、
手抜き工事の防止効果も見込めます。

さらに、そこまでしてももしトラブルが発生した場合、
10000円という低額な費用で、弁護士や建築士などの
専門家からなる「紛争処理機関」による
「あっせん」「調停」「仲裁」を受けることが出来ます。
(※供託の場合は対象外)

ただ、いくつか注意点が。

住宅瑕疵担保履行法の対象となる「新築住宅」とは、
「新たに建設された住宅であって、建設工事の完了から1年以内で、
人が住んだことのないもの」
となっていますので、
引き渡しが竣工から1年以上経っていたり、竣工後1年以内であっても
誰かが住んだことのある住宅は対象外となります。

(逆に言うと、10月1日以前に完成した住宅であっても、
 1年以内に竣工し誰も住んだことが無く
 10月1日以降に引き渡される場合は、
 住宅瑕疵担保履行法の対象になります)

また、10年の瑕疵担保期間に該当するのは、建物のうち
「構造耐力上主要な部分」(基礎や土台、壁、柱等)
「雨水の浸入を防止する部分」(屋根や外壁、サッシ、配水管等)
ですので、それ以外のたとえばクロスのはがれといったものは、
瑕疵の対象になりません。

あと、保証される金額ですが、
基本的に上限が2000万円となっていますので、
もし2000万円以上の瑕疵になった場合には、
全額は担保されません。

といったことを踏まえておけば、瑕疵担保責任保険も、
消費者の力強い味方になることと思います。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
「いざという時の『紛争処理機関』」
「来秋スタート『住宅瑕疵担保履行法』」
「住宅性能評価表示制度とは?」

|  |-住宅の税金と法制度 | 10:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

男性のノーネクタイは非常識で見苦しい

そもそもネクタイと上着が洋服でワイシャツって下着だよ。西洋から来たスーツは暑くともきちんと着る文化なんだからクールビズなんて発展途上国みたいで洋服ではないよ。せいぜい和服・人民服・民族衣装などの部類だよ。
ノーネクタイはみっともないし、失礼で見苦しいから見たくないからやめていただけませんか?失礼の以前の問題としてご自分が恥ずかしい格好であることを忘れないでくださいね。

| 男性のノーネクタイは失礼でカッコ悪い | 2009/10/03 02:49 | URL | ≫ EDIT

クールビズは民族衣装?!

なるほど。
たしかに「クールビズ」は日本の新しい「民族衣装」かもしれませんね。
欧米では「人前で靴を脱ぐことは下着を見せるくらい恥ずかしいこと」と聞いたことがありますが、玄関で靴を脱ぐ習慣のある日本では、見た目は同じ「靴」と「靴下」でも、日本独特の「民族衣装」と言えるかも?!
欧米から建材を輸入して建てた「輸入住宅」も、玄関で靴を脱ぐようにした時点で「和風建築」になってしまう?!

| コンサルタント草野 | 2009/10/03 19:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/677-64d49f4d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT