マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天井高を抑えた等身大の家 ~森住建さん

こんにちは、草野です。

シルバーウィーク3日目の本日は、
ちょっと雲も出てきましたが、終日爽やかな1日。
草野はそんな中、完成見学会を2軒はしごしました。

午前中にお伺いしたのが、岐阜県神戸町。
岐阜県池田町の工務店・森住建さんの完成見学会。
森住建さんは、先ごろ「美休」という商品を発表、
そのお披露目の場でもあります。
外観

『美休 - VIKYU』は、6つの「S」、Site(敷地)/
Skelton(大きさとカタチ)/Space(空間の考え方)/
Service(水廻り設備や収納)/Skin(外部・内部の仕上げ)/
Stuff(家具やファブリック)で上質な美しさを実現します。

今回見学した住宅も、無垢のフローリングや作り付けの家具など、
シンプルで上質な空間になっていました。
玄関

また、特筆すべきは「天井高」
玄関を通ってLDKに入ったとたん気づきましたが、
敢えて全体的に天井高を抑えているのです。
しかも、天井が低くても屋外など横への開放感があるため、
決して息苦しくありません。
リビング

昨今は、吹抜けなどとにかく大空間・大開放といった空間が多く、
天井高を抑えた空間というのも、まるで茶室のようになかなか落着くもの。
天井高を抑えることにより、多少はコストも下がるかも知れません。
ダイニング

今回のお宅は延床30数坪とコンパクト・サイズではありますが、
抑えられた天井高とあいまって、なんだか「等身大の住まい」という感じ。
日本人にとってくつろげる、「懐かしい」サイズな気がしました。
伝統的な「床座」を思い起こさせるからかもしれませんね。

|  |-工務店 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/668-e689d6c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT