マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「違和感がある?!」 竣工検査のポイント

こんにちは、草野です。

『TEAS』『BLAD』。
これ、何だと思います?

・・・先日もご紹介したとおり、
今月末の住生活情報マガジン『余はく』発行に向けて、
ただいま原稿の最終チェック中

何枚もの原稿があると、誤字・脱字といった間違いをはじめ、
デザインされたものを見たら印象が違ったなど、
思ってもいなかったような修正が出たりします。

そのたびに、原稿に手書きで修正指示を書き、指示を受ける方は
2度手間、3度手間で大変だろうな~と心の中で思いつつ、
メールでデザイナーさんに送っています。

で、冒頭の『TEAS』と『BLAD』。
これ『R』と『N』が脱字で
正式には『TEARS』『BLAND』なのでした。

デザイナーさんのミスではなく、こちらの書き間違えだったのですが、
デザインされた原稿が届いて一回目のチェック時には
見事に見落としていました。

修正されてきた原稿を再度見直したところ
「あれっ?!」と気づいたのですが、
それまでも、何だか「違和感」があった気がしたのでした。
それはそうですよね。『TEAS』『BLAD』なんて言葉はありませんから。

草野はちょっと見落としていましたが、こうした違和感に敏感に
反応していれば、もっとはやく脱字に気がついていたことでしょう。
原稿をチェックするときというのは、どうしても細部に目が行きがちで、
それも必要なことなのですが、まずは全体の印象をざっと見て、
違和感があるかどうかをチェックすることが、意外と早道のようです。

これ、家づくりにも当てはまります。
特に「チェック」という点では、「竣工前検査」で同じことが言えます。

家づくりでは、工事の完了後、引渡しまでの間に
お施主さん自ら竣工前検査を行い、出来具合を確認します。

リブネット・プラスでは、コンサルティングの一環として
竣工前検査の同行を行い、第三者の目でチェックをするのですが、
その際のコツが、「まず、全体から見始める」こと。

以前もご紹介しましたが、「広い目」で全体を見回し、
何となく違和感があるかを感じ、
違和感がある場所を細かく見るようにします。
細部も大事ですが、色むらなどは目を近づけすぎると
かえって分からなくなるからなのです。

細部を具体的に頭でチェックするのも必要ですが、
全体の印象を感覚で大まかに把握するのも重要。
原稿のチェックをしていて、
そんなことをあらためて認識しました。

|  |-インスペクション事例 | 13:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/639-a1629b67

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT