マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

和に融けこむ楽器用スツール

こんにちは、草野です。

最近、草野が気になるものの一つに「椅子」があります。

築50年の日本家屋に住んでいて、どうして椅子が?
という疑問もあるかもしれませんが、
いかに日本家屋でも椅子と無縁の生活というのはあり得ません。
確かに畳の部屋が多いので、椅子を使う機会が
限定されるかもしれませんが、それだけに、お気に入りの椅子に
腰掛けたいという欲求が高くなっているのかもしれません。

「椅子」とひと口に言っても
機能、デザイン、使い勝手など、実にさまざま。
椅子によって座り心地や姿勢が変わるので、
使う目的によって、椅子も使い分ける必要があります。

草野家の場合は、草野もカミさんも楽器、
それも西洋クラシックの楽器演奏が趣味です。
楽器演奏というのも、やっぱり楽器の構え方や体の姿勢が大事。
草野の演奏する「ヴィオラ・ダ・ガンバ」という楽器は
必ず椅子に座って演奏しますが、楽器を膝の間にはさみ、
ふくらはぎの上の載せて構えますので、
おそらく世に数多ある楽器の中でも、
特に椅子に対してシビアになると思います。

楽器を弾くのに適した椅子は、草野の私見としては

 1)腰かけたときに体、特に下半身が安定する
 2)でも、上半身を自由に動かすことができる


というもので、そこにヴィオラ・ダ・ガンバの場合は

 3)楽器を構えやすい高さ

が加わります。
こういった条件に当てはまる椅子というのも、
なかなかないのですよね~。

ところが!
ついに先日上記3つの条件をクリアし、
しかも草野好みのデザインの椅子を発見したのです!!

場所は名古屋・栄のリブネット向かいにある「LACHIC(ラシック)」
そこの6階にある「MOMO natural 名古屋店」さん
ランチのあと、ぶらぶらと各ショップを
覗いていて見つけたのが、コチラのスツール2種。
スツール2種

いかがです?
座面のRが体を優しく支え、しかも座面の高さが40cmほどと低めなので、
座っていても安定性バツグンで疲れにくくなっています。

しかも、このデザイン!
角を落とした柔らかいフォルムが、なんとも草野好み。
もう一目惚れです!

デザインと材種で2つのタイプがあったのですが、どちらも捨てがたく、
その日は写真を撮らせてもらって家に帰り、カミさんに相談したところ、
「すごくいいね。両方とも買っちゃえば!」という後押しがあり、
座面の色違いで2脚とも購入してしまいました!
(草野家では、演奏仲間が集まって合奏することもあるので、
 こういった椅子は何脚あってもいい!という理由をつけて)

・・・という訳でやってきた2脚のスツール。
さっそく試しに座って楽器を弾いてみましたが、
予想通りなかなかの座り(弾き?!)心地。
楽器とスツール

しかも見た目以上に軽量なので、来客時の臨時ダイニングチェア
としてなど、ちょっとしたときに気軽に持ち運びもできます。
草野は、縁側でのひなたぼっこ用にいいなと思い、
さっそく運んで写真を撮ってみましたが、「和」の世界に
しっかり融けこんでいるなと、ニンマリしています。
縁側のスツール

|  |-管理人の家づくりと暮らし | 10:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/522-78446249

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT