マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ローンで土地を買うなら「融資特約」

こんにちは、草野です。

昨日、土地をお探し中のTさまから、「この前相談した土地を
購入することに決めました」とのご連絡をいただきました。
気に入った土地が見つかって何よりでしたね。
これで、家づくりに向かって大きく前進しますが、
ご契約の前に不動産売買に関する「重要事項説明書」と
「売買契約書」を拝見させていただくことになりました。

書類を順に拝見していったところ、土地そのものは問題無さそう。
契約内容もおおよそ問題は無さそうだったのですが、
ひとつ気になった点がありました。
それは「融資特約」という条項、
不動産をローンで購入される方には要注意の項目です。

この「融資特約」、金融機関からの融資が降りなかった場合は、
不動産の売買契約自体を無条件で解除することができる
というもの。

もし、この融資特約をつけずに売買契約を結び、融資が降りず、
しかも資金繰りがつかなかった場合はどうなるか?
その場合は、契約を履行できなくなるので
契約を解除せざるを得なくなりますが、
そのためには契約時に支払った手付金を放棄するか、
違約金を支払うことになります。

Tさまの場合は融資特約は付いていたのですが、
引っかかったのは融資特約の「期日」。
その期日までに融資が決まらないと、
売買契約が解除されてしまうので、期日に余裕がないと、
金融機関の審査が間に合わないということも起こりえます。

今回の契約条項には「契約を解除することができる」とありますので、
もし期日までに融資が決まらなくても契約を解除しなくても良いのですが、
その後に融資が降りないことが決まっても、
融資特約での解除はできなくなります。
そこで、売買契約にあたり、金融機関の審査期間を踏まえて、
売買契約された方が良いことをお伝えしました。

世界経済の悪化から、金融機関の融資も厳しくなっているようで、
事前審査でOKが出ても、本審査で不可になることがあるとも聞きます。
不動産をローンで購入される方は、融資特約にもお気をつけ下さいませ。

| ◆土地・不動産探し | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/495-4d3e7214

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT