マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

色決めはやっぱり難しい

こんにちは、草野です。

引越しプロジェクトが進行中の草野家。
入居先の建物も、補修工事がしっかり進行しています。

先日も現場に行ってきたら、トイレが和式から洋式に交換されており、
畳や襖が外されているなど、しっかり作業も進行中の様子。
床下を覗くことが出来たので、床下の様子もチェックしてきました。
パッと見たところ、シロアリにやられていたり腐っている様子もなく、
ひと安心。この築年数だと布基礎だと思われますが、
基礎以外の床下部分にも一面コンクリートが打たれているので、
あまり湿気の影響を受けなかったのかもしれません。

外回りも、庭との境にあるトタン塀が撤去され、
一階の座敷から眺める景色もじつに開放的になっていました。

また、この日はちょうど外壁の塗装作業中でした。

草野のイメージとしては、和風住宅とはいえ、黒や茶といった
渋めの色ではなく、もう少し明るい感じにしたいということで
外壁は「ベージュを基調に茶をワンポイント」でお願いしました。

2階のトタン部分のサビ止めが塗りあがり、
1階の左官仕上げ部分の塗装に入っているところです。
まだ作業は途中でしたが、予想通りかなり印象が良くなっており、
まさに狙い通り、と完成が楽しみになりました。

ただ、ちょっと予想外だったのが「色」そのもの。
思っていたよりも明るい色でした。
事前にサンプルを見て決めましたが、
やはり大きな面積で見るのとでは印象が違います。

塗装屋さん曰く「一階がかなり明るい色だから、
二階は少し濃いめの色にした方がいいよ」。
そこで、このアドバイスをもとに、再度色選びをしました。

同じくキッチンの壁・天井も塗り直してもらうのですが、
やはり「明るい色と少し落着いた色を組み合わせた方が
見栄えがするよ」とのことで、メインの色は変えずに
もう一色を変えてもらうことに。

草野も、家づくりコンサルティングの場では、
現場で色決めをするのをよく見てきましたが、
小さなサンプルだけでは、面積や光のあたり方も違い、
色の組み合わせ方も頭の中でしか想像できません。
やっぱり色決めは難しい、現場での確認は必須だなと
あらためて認識した次第です。

|  |-管理人の家づくりと暮らし | 09:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/462-200d7427

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT