マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建築家のコストコントロール術

こんにちは、草野です。

昨日ご紹介した「家づくり無料診断 スタートチェック」では、
そのお客さまだけの家づくりの進め方をメールでご回答していますが、
お送りした回答に対して質問をいただくこともしばしば。
先日も「建築家との家づくり」をご紹介した方から、
「コストが高くなりそうで不安だが、どのようにして建築家は
コストを抑えるのか?」
とのご質問をいただきました。

建築家との家づくりでは、細部にわたって建主の要望を聞くことができ、
構造や工法をはじめ、間取り、材料・機器の組み合わせが自由にできるなど、
柔軟性の高い家づくりができます。そのため、コストをどこにどのように
配分するかということも、建築家の腕の見せどころ
となります。

実際のところは、建築家それぞれに考え方やノウハウがあり、
一概に「これが建築家のコストコントロール術です」とは括れないのですが、
実際に草野が見聞きした例をいくつかご紹介します。

 1)使用部位によって材料を変える
  ・外壁に、一番目立つ道路正面は左官で仕上げ、
   それ以外の面は安価なサイディングを使う。
 2)工程・工法を工夫する
  ・壁の仕上げを塗装のみにすることにより、
   クロス張りの工程を省く。
  ・家具を大工さんによる造作とする。
   (一概に安価になるとは限りませんが)
 3)間取りを工夫する
  ・部屋間のつながりや、屋外と屋内のつながりを工夫し、
   延床面積が狭くても、広く感じる空間を創り出す。
   (延床面積が狭い分、コストが安くなる)
  ・区画する部屋を少なくし、扉(建具)の数を減らす。
 4)工務店の見積を査定する
  ・施工する工務店を複数社による見積競争で
   選定することにより、競争原理が働く。
  ・見積内容を建築家が査定し、単価が高い場合には
   工務店と減額交渉を行う。

これらは草野が見聞きした一例に過ぎません。
建築費以外にも、建築後のメンテナンスや、
光熱費などのランニングコストへの配慮といった視点もあります。

建築家との家づくりの場合、建築費以外に設計監理料がかかるなど、
コスト面で不安に思うこともあるかもしれませんが、
こういった工夫によりコストを抑え、満足度の高い家づくりが
出来ることを考えると、建築費の10%程度と言われる設計監理料も
決して高いとは言えないのではないでしょうか?

|  |-建築家 | 15:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/397-fe80edcc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT