マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

境界杭をやり替えました

工事の進む草野家。
気づけば引越まで1週間を切りました!

建物は順調に完成に向かっていますが・・・
草野自身の引越しの準備はいっこうに進みません(^^;
なんだか一夜漬け的な感じになりそうな予感。。。
頑張ります!


家づくりは、建物の工事や引越しだけでなく、
やることは他にもたくさんあります。
その一つ、杭の入れ替えを行いました。

杭は、隣地との境界を示す大事なもの。
不動産のトラブルでよくあるのが、この境界にまつわるトラブル。
きっちり測量して杭を打っておかないと、
どこが境界かで揉めることがあるのです。

草野家では、新しく土地を購入したので、
一般的な商取引通りに売り主さんに隣地との確定測量をしてもらい、
境界杭も打ってもらったうえで引渡しを受けています。


なので境界や杭については何も心配いらないのではないかと思いきや、
そうではありません。

土地の引渡しに先立って行われた確定測量では、この写真のように
境界の位置がブロック塀やフェンスの上になっているのです。

塀の上の境界杭

まだ、この杭のあるブロック塀は
このまま残すので良いのですが、問題はコチラ。

ブロックの上の境界杭-1

こちらのフェンスとブロックは
新しく塀をやり替えるために撤去します。

さすがに杭が無くなってしまうとまずいので、
杭のやり替えが必要になるという訳です。


といっても、外構工事は建物工事のあと。
でも、このフェンスは邪魔なので、先に撤去したい。

ということでこうなりました。

ブロックの上の境界杭-2

いったん杭とその周辺のブロックを残して
ほかのフェンスを撤去しました。


そして、建物工事が終盤に近付き外構工事が始まるので、
残しておいた杭と周辺のブロックを撤去して
このたび杭を入れ替えてもらったという次第。

新しい杭


この、杭のやり替え。

「この辺だろう」と適当に誰かが
やって良いというものではありません。
そんなことが認められたら、
自分の好きな位置に境界を決めてしまえます。

この土地の売り主さんも、隣地の所有者に立ち会ってもらうなど
しかるべき段取りをして境界を確定して杭を打っています。

場合によれば建物などが敷地を超えており、
将来的に越境している建物などを撤去して建替える等する際には、
敷地の境界から出ないようにするという覚書も交わしています。
そして、これらの作業は土地家屋調査士さんが行うのです。


・・・ということで、今回、土地家屋調査士さんに依頼して
きっちり境界杭もやりかえました。その数、3カ所。
うぅ。。。こんなところでもお金が飛んでいくのです。。。

でも、のちのち境界のトラブルにならないためには、必要なこと。

すでにしっかり確定測量のうえ境界杭があれば
あらためて測量したり杭のやり替えする必要はありませんので、
土地を買ったり家を建替える際には、こんな点にもご注意下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『歩道の縁石撤去に下水引込・・・ 忘れちゃいけない付帯工事!』
『外構次第で建物が引き立つ プラン固まりました』
『外構の解体完了! 解体屋さんへの発注方法は?』


 ▼▼ 1日1クリック 応援お願いします! ▼▼
にほんブログ村 住まいの豆知識へ
FC2建築ブログランキングへ人気ブログランキングへ


 ▼▼ 名古屋で住宅ローン選び&マイホーム購入相談なら ▼▼
   住宅専門ファイナンシャルプランナーの
   家計とマイホーム相談室 https://my-home-fp.com/
   名古屋市中村区名駅4丁目15-19 大清ビル4階

|  |-管理人の家づくりと暮らし | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/3423-aea03c1f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT