マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チェンバロが入らない!? 音楽室の設計変更か?

ここまで順調に進んできた草野家の家づくり
音楽室も無事に上棟しました。

本日も現場に見に行きましたが、
外壁や屋根の防水工事、サッシの取り付けも完了しました。

音楽室


が!? トラブルが発生!
なんと、チェンバロが入らないということが発覚!!

ことは重大です!
今回の草野家の家づくりは、「快適な音楽室」が一番のコンセプトなのですから。
(二番は、のんびり寛げるLDKです)

そのために、通常では誰も買いそうも無い
(というか、通常では建築できない)土地を購入しているのです。


いったい何が起こったかと言うと、音楽室内に置こうと思っていた位置に
チェンバロを置こうとすると、イスが置けないのです。

草野家の音楽室には、ピアノ教室用のグランドピアノ
カミさんのチェンバロと、2台の鍵盤楽器を置きます。

ピアノのレッスンや発表会、チェンバロの練習、
そしてチェンバロを使ったアンサンブルなどを想定し、
14畳のスペースを確保しています。


上棟した建物内にカミさんが確認のために入ってみて、
「何か広さが違う」と感じて計ってみたら、発覚。

図面上ではちょうど納まるように見えていたのですが、
その図面上の楽器サイズが小さく記載されていたのが原因。
建築士さんのミスです。

普段、図面上でチェンバロを見ることなどないので、
寸法が違うことに気づきませんでした。

が~ん。。。痛恨のミス!


当初の予定通りにチェンバロを納めようとするなら、
建物自体のサイズを広げる必要がありますが、
すでに上棟しているので、相当大がかりになり現実的ではありません。

いまある建物の中でチェンバロの置き場を変えるにしても、
柱や壁の変更が必要。仮にスペース的にうまく落ち着いても
構造的に可能かは何とも言えません。

うむむむ。。。どうするか・・・


さすがにこれは重大な問題なので、
いったん工事をストップしてもらいます。
その間、いくつか案を検討。

楽器の位置を変えるか?
柱や壁の位置・サイズを変えるか?
いっそのこと、建物を建て増しするか?

導線や演奏するうえでの使い勝手、音響はじめ、
構造、工期、そしてコストなど、いろいろな要素が絡まり合います。

どの案をとっても、当初の計画に比べると
何かしら我慢を強いられます。。。何を優先すべきか!?


と熟考し、構造面での検証や施工する工務店さんの見解も踏まえ、
チェンバロの位置を変更する方向かなあと思っています。

いちおうそれで納まりそうですし、
壁や柱の変更も構造的には問題無さそうです。

が! いまあらためて図面を見直していたら、
ほかにも確認すべきことが出てきたので
しっかりと検討したいと思います。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『だいぶ進んできました 草野家の家づくりの現場』
『いよいよ建て方! 音楽室の全容が見えてきた!?』
『音楽室の基礎工事着工! ドローンからの空撮』


 ▼▼ 1日1クリック 応援お願いします! ▼▼
にほんブログ村 住まいの豆知識へ
FC2建築ブログランキングへ人気ブログランキングへ


 ▼▼ 名古屋で住宅ローン選び&マイホーム購入相談なら ▼▼
   住宅専門ファイナンシャルプランナーの
   家計とマイホーム相談室 https://my-home-fp.com/
   名古屋市中村区名駅4丁目15-19 大清ビル4階


|  |-管理人の家づくりと暮らし | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/3387-5157d9ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT