マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

外構の解体完了! 解体屋さんへの発注方法は?

草野家の家づくりは中古住宅のリフォームと増築。

敷地にはブロック塀や植栽のほか、
駐車スペースや建物の犬走部分にはコンクリートの土間、
さらに浄化槽もあります。

これらは全て不要だったり工事の障害になるので、
リフォームや増築工事に入る前に解体・撤去します。

ブロック塀については地震時の被害防止のために、
市役所から解体の補助金が出ます・・・ということが
解体直前に分かったため、補助金の申請の関係で工程を変更。
(補助金の許可が下りないと着工できない)

先にブロック塀以外の解体から始めてもらいました。

塀の撤去

こちらは浄化槽です。

浄化槽

以前小屋が建っていたと思われる場所からは、
思った以上の基礎の残骸が出てきました(^^;

基礎の残骸


そうこうする間に、何とか数日で補助金の許可がおり、
ブロック塀も解体でき、外構の解体も無事に終わりました!

こんな感じになりました(^o^)


◆道路から見たところ
道路から(解体前)

道路から(解体後)

◆ブロック塀の撤去前と後
北西から(解体前)

北西から(解体後)

◆敷地南側の塀
南(解体前)

南(解体後)

だいぶスッキリしましたよね!
特に道路側は思った以上に広く感じます(^o^)


この解体工事。

解体屋さんに行ってもらう訳ですが、
発注方法は大きく分けて下記の2通りあります。

1.建物の工事を行う住宅会社に解体を一括して依頼する
2.建物は住宅会社、解体は解体屋さんへ別々に分離発注する



これ、どちらの方法でもメリットとデメリットがあります。

1つめの建物工事も解体も一括して住宅会社に依頼する場合の
最大のメリットは、とにかく手間がかからないこと。
打合せも住宅会社と行えば、あとは解体屋さんへ段取してくれます。

また、支払いも住宅会社に行えばよいので、煩雑になりません。

さらに大きなメリットとしては、住宅会社が全て責任を持つので、
何か解体でトラブルが発生しても、住宅会社が全責任を負います。


では、2つ目の建物工事は住宅会社へ、
解体は解体屋さんへ分離発注する場合の最大のメリットは、
コストが下がること。

住宅会社に依頼しても、実際の解体工事は解体屋さんが行います。
間に住宅会社が入ることで、住宅会社の利益や管理費が上乗せされるのです。

ただ、だからダメという訳ではなく、ちゃんと一元管理し、
責任を負うための経費ですから、多少コストが上がっても
それ以上のメリットがあると思えれば
住宅会社へ一括して発注すればよいのです。


また、建物工事と解体を別々に発注することのデメリットは、
施主がそれぞれ別々に打合せしなければいけない上に、
解体時点で解体費用の支払いが発生します。

また、責任が分かれるため、トラブル時に責任の押し付け合いが起こったり、
そもそもトラブルが発生しやすくなる可能性もあります。

ですので、ある程度の規模の解体で、
コストメリットが数十万から百万円単位で発生する場合を除き、
草野はあまり建物工事と解体を分離発注することはお勧めしません。
(これは外構工事でも同じことが言えます)


では、草野はどちらの発注方法を選んだかと言うと、
2の建物と解体を別々に分離して発注しました。

それほどコストメリットがある訳ではないので、
通常ならお勧めしませんが、なぜ分離発注を選んだかと言うと。。。

信頼できる住宅会社と解体屋さんを知っていること
草野自身に経験と知識があること、
現場のすぐ近くに住んでいてすぐに現場に行けること、
これらのおかげでトラブルが起きにくいからです。

さらに付け加えると、草野の住宅専門ファイナンシャルプランナーとして
家づくりのコンサルティングを行っている立場として、
できるだけいろいろな会社と付き合いたいのと、
より難易度の高いやり方を経験しておきたい、
という理由も多少はあります。


外構の解体工事が終わって振り返ると、
たしかに多少のトラブルもありました。

例えば、解体工事中に裏手のマンションから苦情が入ったこと。
これは、事前に挨拶しなかったという単純なミスでした。

実は、マンション以外近隣のお宅には、
ちゃんと施主・住宅会社・解体屋さんと一緒に
挨拶に行っており、とくにトラブルもありませんでした。

ただ、マンションについては施主が挨拶にいくこともないだろうと
住宅会社・解体屋さんにお任せしていたら、
どちらも忘れていたという次第。

これは苦情が入ってすぐに住宅会社・解体屋さんで対処いただき、
その後は苦情も無くなりました。


まぁ、ブロック塀の補助金も無事に下り、
解体も無事に終わり、草野家の家づくりも一つ進みました。

解体を担当して下さったA-スタイルの青山さんには、
補助金の関係で工程を変更してもらったり、
後から追加でいろいろお願したりと無理を聞いていただきました。

ありがとうございました!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『外構の解体開始! ブロック塀撤去の補助金と税金滞納!?』
『設計監理契約締結&建築確認申請が下りました!』
『地鎮祭&清祓い執り行いました!』


 ▼▼ 1日1クリック 応援お願いします! ▼▼
にほんブログ村 住まいの豆知識へ
FC2建築ブログランキングへ人気ブログランキングへ


 ▼▼ 名古屋で住宅ローン選び&マイホーム購入相談なら ▼▼
   住宅専門ファイナンシャルプランナーの
   家計とマイホーム相談室 https://my-home-fp.com/
   名古屋市中村区名駅4丁目15-19 大清ビル4階

|  |-管理人の家づくりと暮らし | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/3349-7c34056c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT