マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

土地購入時のチェックポイント「セットバック」

こんにちは、草野です。

リブネットで家づくりをなさる方には、
土地探しからという方も結構いらっしゃって、
「こんな土地が見つかったけれど、どうだろう」
というご相談をよくいただきます。
本日もそんなメールをいただきましたが、その中で
「土地の資料の中に『セットバック』とあるのは、なに?」
とのお問合せがありました。

「セットバック」というのは建築基準法上の規定です。
そもそも家を建てる敷地は、基準法上、
幅員が4mの道路に2m以上接していなければいけませんが、
国土が狭く建物が密集する日本の街なかでは、
幅員が4m未満という道路はざらにあります。

(ちなみに建築基準法が施行される以前、最低道路幅員は2.7mでした。
 基準法施行以前から存在する道路で幅員が4m未満のものについては、
 特定行政庁が指定した場合は、基準法第42条第2項の規定により
 「建築基準法上の道路」にみなされます。
 これを一般に「2項道路」とか「みなし道路」と呼んでいます)

道路が狭いと住環境が悪く災害時の被害を大きくしてしまうため、
幅員4m未満の道路に面した敷地で家を新築する際に
道路スペースを確保するために行うのが「セットバック」
で、
前面道路が4mになるように敷地を後退させないといけません。

(幅員4m未満の道路も、沿道の住宅が新築され敷地がセットバック
 されていくと、いつかは幅員が4mになるということですね)

例えば現況の幅員が2.7mの場合、幅員が1.3m不足しています。
この分を、道路両側の敷地が負担することになるので、
1.3m×1/2の0.65m分敷地を後退させることになります。

注意が必要なのは、このセットバックした場所は
建築基準法上の道路と位置づけられるため、
自分の土地であっても建物や塀を建てることが出来ないという点です。
さらに、建ぺい率や容積率も、セットバック部分は敷地面積から除外して
計算
されますので、これらのことを知らないと、土地を購入したものの、
希望の大きさの家が建たないということも起こり得ます。

もし、土地を購入する際に「要セットバック」とあったら、
実質どれだけの規模の建物を建てることが出来るのか、
そんなことも踏まえて土地を見た方がよいでしょう。

| ◆土地・不動産探し | 13:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/330-7414ab82

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT