マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日当たりが悪くても、家は明るくできる!

昨日の午前中は、ついに完成したご相談者のお宅にて
見学会が行われるとのことで、様子を拝見しに行ってきました。


今回お邪魔したお宅は、敷地は40坪少々と
名古屋市内としてはそれほど狭くありません。

ただ、敷地南側ギリギリまで隣家が迫っているにも関わらず
東西に敷地が細長いため、南に庭を取ることも出来ません。

そのため、いかに採光を確保するかが、
一番の課題でした。

途中、草野も図面を何度も拝見しましたが、
お施主様も本当に明るい家になるのかご不安で、
何度もプランの修正を重ねていました。


このように陽あたりが取り難い場合に使われるのが、
吹抜けを設けて、上から光を入れること。

今回のお宅でもリビング上に大きな吹抜けを設け、
南と西側から光を落とし込んでいます。


そして、室内を明るくするためにもう一つ用いたのが、
北側の光を取り込むこと。

「エッ?!」と思う方もいるかもしれません。

でも、眩しい南からの光よりも、北側からの光の方が
1日中安定して柔らかい明るさが確保できます。

ちょうど北側にガレージがくるため、
窓の外に空間も広がっています。

そこで、ご覧のように4枚の窓を
リビング階段の北側に設けました。

階段


いかがですか?

お邪魔した昨日の午前中は小雨がぱらつく曇りでしたが、
暗さを感じません。

吹抜けからは南や西の窓から
時の移ろいに合わせるように変化する光も入ってきて、
充分に明るく開放的な空間になりました!

南側の光が採れなくても、工夫次第で
快適なお住まいが出来るという好例です。


明るさだけでなく、随所にこだわり満載のお宅で、
お施主様ご夫妻とお話ししましたが、
「いろいろ大変だったけれど、
 いい家が完成してホッとしています」

とのお言葉を頂きました。

良かったです!
完成おめでとうございました!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『図面だけでは空間の広さは分かりません?!』
『縦すべり出し窓に危険な弱点が?!』
『通風や採光が取れないとき・・・ 欄間はいかが?』


 ▼▼ 1日1クリック 応援お願いします! ▼▼
にほんブログ村 住まいの豆知識へ
FC2建築ブログランキングへ人気ブログランキングへ

|  |-間取りとデザイン | 13:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/3177-c986f5ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT