マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

分離発注という家づくり

こんにちは、草野です。

本日の昼休み、リブネットのオフィスにいるのは4名のコンサルタントだけ。
そこで、お弁当を買ってきて(リブネット御用達の中日ビル地下フロアにて)、
上司のいないオフィスで、コンサルタント一同のびのびと(?!)ランチを楽しみました。
上司の悪口など(←いえいえ、滅相もございません!?)くだらない雑談もありましたが、
さすがコンサルタント、建築や住宅業界の話など専門的な会話も飛び交います。
そんな話題の一つが「分離発注」

「分離発注」とは、施工を工務店に一括発注するのではなく、
工種ごとに分けて、施主が直接各職人さんたちに発注するというもの。
通常の工務店一括発注に比べると、「工務店経費がかからない分、
安価に家づくりが出来る」
と言われています。

でも、一括して請け負ってくれる工務店が間に入らないため、留意点も
いくつかあります。その一つが、責任の所在が曖昧になるということ。

家づくりというのはさまざまな工種が絡み、大勢の職人さんが出入りしますが、
そのため何かトラブルがあったとき、原因がはっきりしないこともあります。
そんな時には原因はともあれ責任は全て工務店が引き受けるのですが、
分離発注の場合、誰が責任を負うかで揉めることもあり得ます。

ほかにも、工種ごとに一つ一つ契約するのが煩わしかったり、
全体の工程を管理するのが大変など、工務店を通さないことによる
コストメリットと引き換えに、手間やリスクが発生します。

家づくりにはいろいろな方法がありますが、一面だけを見ずに、
さまざまな視点で比較検討しておきたいですね。

| ◆住宅会社選び | 13:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/315-eda92068

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT