マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建築家住宅の見学ツアー(後編)

昨日に続き、建築家住宅の見学ツアーのご紹介です。

貸し切りバスに乗って着いたのは、
豊田市のコチラの建物。

外観

佐々木勝敏建築設計事務所の佐々木勝敏さんが設計した
佐々木さんの自邸「竪の家」です。

JIA東海住宅建築賞の優秀賞受賞の建物で、
外に閉じた“黒い箱”が印象的です。


こちらの玄関を入ると・・・

玄関


中に入ると、天井まで抜けた大空間!

吹抜け

1階の突き当りには坪庭があります。

坪庭

敢えて細長いカタチにすることで、
面積や広さではなく、奥行きで空間の広がりを実現しています。


1階にはキッチンとダイニングも。

ダイニング

ダイニングの窓も最小限で、
敢えて高さを抑えています。

窓が少ないにも関わらず建物全体が明るいのは、
吹抜け上部にハイサイドライトがあるからです。


こちらの階段を上がっていくと・・・

階段

2階の浴室です。
シンプルでオシャレ!

浴室


ご覧の通り、建物の中を建具や壁で仕切っていないので、
とても開放的で広く感じます。

家族ごとのスペースはありますが、
緩やかに家の中が繋がり、
「個室」という概念はありません。

この空間も、各居室における状況を検証し
居室ごとの最小必要幅を導き、
そのなかで最も大きな数値を全体に適用したとのこと。

その検証結果は、こちらのHPに詳しく記載されています。


これだけの大空間だと気になるのが、夏の暑さと冬の寒さ。

断熱材は普通のグラスウールですが、、
夏でも午前中はエアコン不要で、
冬も14度を下回らないとのこと。

昨日ご紹介した「nagono no mise」同様、
窓が少ない分、外気の影響を受けにくく、
容積があるので温度が変化しにくいのでしょう。


一般的な家だと、窓をたくさん設けて採光を取り、
個室を設けてプライバシーを確保します。

が、屋外からの暑さ寒さの影響を受けやすくなり、
区画される分狭く感じることもあります。

住宅や建築は、もっと自由に発想して良いのですね。


        ◆ ◆ ◆


そして3軒目が、知多市にある「長浦の家」。

中部建築賞やすまいる愛知住宅賞、愛知まちなみ住宅賞受賞で、
服部信康建築設計事務所の服部さんの設計です。

外観-1


前2軒と違い、こちらは建築家の自邸ではなく
一般の方のお宅で、それも築17年経っています。

その間、暮らしの変化に合わせて家にも手が加えられていますが、
それが実にしっくり馴染み、風格を出しています。

新築時にコーディネートされた家具や照明も
手入れして大事に使われています。

見学者一同口々に言っていたのは、
「いくら建築家が工夫を凝らして設計をしても、
 その建物が活きるかはそこで暮らすお施主様次第」
ということでした。


なお、前の2軒と違い、
こちらのお宅はLDKが外に開かれています。

リビング

でも、これだけオープンでも、
ベランダにある格子や道路との角度により、
部屋の中はほとんど見えません。

外観-2

外観-3

やっぱり建築家の設計する家は、
細部まで気配りが行き届いています。


この日は関西からも建築家がツアーに参加し、
総勢50名ほどでしたが、ツアー終了後は
参加者一同で懇親会となりました。

夜遅くまで、興味深いお話しが聞けました。

やっぱり建築家の設計する家って、いいですね!

 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『“設計の標準化” 建築家・伊礼智さんのお話し聞きました』
『建築家はランドローバー、ハウスメーカーはミニバン?!』
『~ビルトインガレージとペットルームのある家~ Tさま邸訪問記1』



|  |-建築家 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/3137-b08c7697

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT