マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建築家住宅の見学ツアー(前編)

お盆ですね!
皆さま、いかがお過ごしですか?

草野は、お盆期間中は遠出もせず、
ゆっくり過ごしています。

このところ久しぶりの雨が降るなど、
いっときほどの暑さではありませんが、
そでも暑いですね!

熱中症にはお気をつけください。


さて、お盆休み前のお話しですが、
建築家住宅の見学ツアーに参加してきました。

日本建築家協会(JIA)主催で、
名古屋周辺の著名な建築家の設計した住宅4軒を、
設計した建築家自身の案内で見学してきました。

各種建築賞を受賞している住宅で、
さまざまな驚きと発見がありました。

そこで、本日はその中から3軒をご紹介します。


まず1軒目。

地下鉄国際センター駅からビル街を抜けて徒歩数分。
四間道や円頓寺商店街にもほど近い
路地を進むと見えてくるのがコチラ・・・

周辺

古い町屋の隣に、シャープな三角の建物が!

外観

中部建築賞やJIA東海住宅建築賞を受賞した、
ワーク・キューブの吉元学さん設計の吉元さんの自邸、
「nagono no mise」です。


建物の手前の透明な三角形は、温室用ビニール。

ビニールハウス

ちょっと変わった空間ですが、
見て楽しむためだけでなく、
道路と室内との緩衝帯として
プライバシー確保の目的もあります。

ちなみに、温室用ビニールだと建築物ではなく
農業用設備になるため、防火などの規制外なのだとか。
サンルームなどを設ける時にも使えるアイディアですね。


建物の中に入ると、1階はLDKと水回り。

浴槽

オシャレな浴槽にシャワーですが、
区画されておらず、LDKとつながったオープンなつくり。


二階に上がる階段は収納になっており、
まるで昔の階段箪笥!
将来移動できるように、可動式になっています。

階段


二階は寝室と書斎。

寝室-1


敢えて西側にしか窓を設けていませんが、
意外と明るさがあります。

南に窓があれば良いという訳ではなく、
建物単体だけでなく、まわりの環境を踏まえて設計することで、
より建築の可能性が広がるとのことでした。


ロフト状の書斎スペースから見下ろしたところ。
構造の木材が印象的です。

寝室-2


ご覧の通り、建具はほとんどなく
建物全体がワンルーム空間になっています。

これだけ大きな空間だと、夏暑くて冬寒いかと思いきや、
充分な断熱材と熱交換型の24時間換気とで、
夏はエアコン1台で26度を保てるそう。

たしかに、室内の容積が大きい分、
いったん快適な温度になってしまえば、
熱しにくく冷めにくくなるのでしょう。


非常にフレキシビリティのある空間で、
前述の通り階段を撤去できるなど、
将来、店舗にすることも想定しているとか。

名古屋駅にもほど近い立地ということもあるのでしょうが、
建物の機能を限定しないことで、
将来にわたって使い続けられる建物になっています。

なかなか思い至らない発想は、
やっぱり建築家ならではですね!


・・・と、ここまでで長くなってしまいました。
あとの2軒は次回にご紹介します。

なお、この「nagono no mise」には
Facebookページがあります。
詳しくはコチラをご覧ください!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『建築家が開いたアンティーク雑貨屋さん』
『建築家選びのポイント・・・ 施工監理はどうしている?』
『~落ち着く空間 ボックス席のダイニングテーブル~ U様邸ご訪問』



|  |-建築家 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/3136-7a09f76f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT