マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“間違ってないけど、しっくりこない・・・” 基礎配筋検査にて

昨日は、施工中の基礎配筋検査にお伺いしてきました。

コンクリートを打つ前の配筋の施工状況として、
 ・鉄筋の太さ
 ・鉄筋の間隔
 ・鉄筋のかぶり厚さ
 ・鉄筋の結束状況
 ・開口部や配管貫通部等の補強
 ・防湿シートの破れ
等を見ていきます。

昨日は、大手ハウスメーカーの現場で、
上記を一つずつ見ていくのですが・・・

丁寧な施工で、指摘がほとんど出ませんでした。
素晴らしい!


唯一といってよい指摘事項は、補強について。

設計上、強度が求められる箇所で、
補強の鉄筋などが密集(多重結束)してしまっているのです。

鉄筋が多いのは良いことのように思えるかもしれませんが、
いちがいにそうとも言えません。

鉄筋が多くなると、コンクリートが
うまく流れ込まないこともあるからです。

鉄筋のまわりにコンクリートが無いと、
所定の強度が出なかったり鉄筋が錆びる原因になります。


設計者としては、必要な強度を取ろうと設計するのですが、
それをうまく納める職人さんは一苦労です。

今回の施工箇所も、たくさんの鉄筋が入り乱れ、
職人さんの苦労が浮かばれます。

職人さんと話をすると
「あーでもない、こーでもないと、かなり時間をかけた」
とのこと。


実は、こういった鉄筋の密集については、
住宅会社ごとに規定が決められていたりしますが、
今回のハウスメーカーの場合は特に規定が無いとのこと。

ですので、施工の内容としてはダメではありません。
ただ、指摘を受けた職人さんから出たのは、こんな言葉。

「確かに、このやり方は間違ってはいないけど、
 しっくりこないんだよね」


と言って、やり直してくれました。
ありがとうございます!

職人さんによっては、指摘を受けると露骨に嫌な顔をする人もいますが、
とても気持ち良い対応でした。


ちなみに、このハウスメーカーは基礎工事については、
専門の現場監督さんがチェックする体制になっています。

検査前にも、どんな点をチェックするのか問い合わせて頂いたり、
施工も丁寧、指摘や質問にも的確に答えてくれるなど、
施工に対する意識の高いハウスメーカーさんでした。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『施工中のホームインスペクションの必要性』
『惜しい! あと釘一本!! 大手ハウスメーカーの上棟検査にて』
『ちゃんとした基礎コンクリート工事をしてもらうには?』


|  |-建築現場の注意点 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/3121-f925688d

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT