マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エッ、もう?! 年明けから消費税10%増税の風が吹き始める!

年の瀬ですね。

忘年会など、草野も住宅業界の人と結構顔を合わせると
来年の話をしますが、話題の一つに「消費税増税」が出ます。

消費税の10%増税は、
いまのところ平成31年10月1日の予定。
あと2年を切っています。

業界としては、
増税前の駆け込み需要を期待しているのです。


予定通り消費税が増税されるとすると、
8%で家を買えるリミットは2つ。

注文住宅なら、増税の半年前である
平成31年3月31日までの工事請負契約の締結。

建売・マンションなどの完成物件なら、
平成31年9月30日までの引渡し。


下図のように、設計・施工期間から逆算すると、
来年・平成30年の夏頃から駆け込み需要の波が来るでしょう。

スケジュール


そうなると、消費税は8%で済んでも、
需要と供給のバランスから、建物の価格は上がります。

それだけでなく、着工棟数が増えて
施工現場がバタバタになり、施工が雑になります。

ということは、本当に消費税増税の影響を避けようと思えば、
来年の年明け早い段階から動かないといけないという訳です。


先日も、数年以内に家づくりを考えているというご相談者に
このお話をしたら、ビックリしていました。

が、住宅業界からは、年明け以降の広告宣伝に、
消費税増税の話題を盛り込むという話が聞こえてきます。

恐らく、新春キャンペーンで
「消費税増税」の言葉が躍ることでしょう。

もしこの数年以内に持ち家が欲しいとお考えなら・・・

この年末年始を、駆け込み需要の波に備える
スタートダッシュに活かすことをお勧めします。


ただ、いくら早めにスタートできたとしても。

多かれ少なかれ、駆け込み需要の波に
巻き込まれるでしょう。

その影響を最小限に抑えたいという人は、
そのポイントをお伝えしますので、
お気軽にメールフォームからお問合せ下さい!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『家の買い時は、住宅ローンの返済期間で決まる?』
『工期を短縮する裏ワザ』
『その家、買うべきか、買わざるべきか?』


|  |-家の買い時はいつ? | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/3096-2649cce8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT