マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家の買い時は、住宅ローンの返済期間で決まる?

当相談室をご覧になっているあなた。

「家賃がもったいない」

と思っていませんか?

そして、

「家賃を払うくらいなら、家を買っちゃおうか」

とも思っていませんか?

でも、

「いまって買い時なの?」

と思って、躊躇しているかもしれませんね。

住宅購入者向けのファイナンシャルプランニングを
していると、こんなご質問はよくあります。



この質問、住宅会社や不動産会社の営業マンなら、
異口同音にこんなことを言うでしょう。

「家は早く建てた方がいい」

その根拠は、住宅ローン

住宅ローンの返済期間は、最長35年。
そして、返済期限は75歳。
(一部80歳の銀行もありますが)

逆算すると、40歳にはローンを組まないと
35年返済を利用できませんし、
定年(65歳)までにローンを完済しようとするなら
30歳には家を建てなければいけない・・・

ということですね。



「ナルホド、それは早めに家を買わないとダメだな」
と思ったあなた、ちょっと待ってください。

別に、住宅ローンは35年で返さなくても良いのです。

確かに、できるだけ長い期間で返した方が
毎月の返済額は下がります。

例えば、3000万円を元利均等返済、
金利1.5%で返した場合。

 35年返済  91,885円
 25年返済 119,980円


と、25年返済だと約28,000円
毎月の返済額が上がります。こりゃ、えらい違いだ!

でも。。。総返済額でみるとどうか?

 35年返済 約3857万円
 25年返済 約3599万円


と、25年返済なら、250万円以上安くなります。


これ、だから25年返済がいいですよ!
ということでは、決してありません。

返済期間が短い方が支払う利息は安くなりますが、
短期間で返すことで、毎月の負担は増えます。

住宅ローンの返済に追われて、
暮らしに余裕がなくなる可能性もあります。


つまり、何をお伝えしたいかというと・・・

35年返済にせよ25年返済にせよ、
住宅ローンの返済期間だけで
家の買い時を決めるのはナンセンス
ということ。

もし40過ぎて家を買おうとするなら、
定年までにローンを返せるように
頭金を貯めておいたり、予算を下げれば良いだけ。

ようは、マイホーム購入にあたっては、
しっかりと家計の状況を踏まえて
計画を立てればよいのです。



これを、我々ファイナンシャルプランナーの世界では
“ライフプラン”とか“キャッシュフロー表”と呼んでいます。

草野は、このライフプランを「マイホーム購入」という点から、
家の買い時や予算額、物件の種類などを
“マイホーム購入予算診断”としてご提案しています。

「いつ家を買うのがいいの?」
「いくらの家を買えるの?」
「住宅ローンはいくら借りられるの?」

とお悩みの方、お気軽にお問合せください。



 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『終の棲家の建て時は?』
『いくら出せばどんな家が建てられる?』
『頭金の額に迷ったら・・・』


|  |-家の買い時はいつ? | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/3091-6f6d33cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT