本日から10月。今年もあと3か月ですね。
いやいや、あっという間です。

9月もあっという間に過ぎてしまい、
ブログ更新するヒマもありませんでした・・・

って、更新できない言い訳です(^^ゞ


ブログには書いていませんが、
いろいろと書きたいネタはありました。

特に9月は契約に当たってのトラブル含みのご相談が重なりました。

「契約するまで帰らせない」と、“トラブル業界”と揶揄される
住宅・不動産業界を地でいくようなお話もお聞きしました。

それも、土地の購入、マンションの購入、
注文住宅の建築と多岐にわたります。

そこで、そんなトラブルに巻き込まれないための
注意点をご紹介してみます。
トラブルにつながりやすい業者を見極める特徴をご紹介してみます。


まずは、契約を急がないこと。
逆に言うと、契約を急がせる営業マンは危ないですね、

いったん契約してしまえば、あとはいかようにも料理できる。
解約するならたんまり違約金をもらいますよ、ってなもんです。

前述の「契約するまでは帰らせない」というのは少々時代錯誤的ですが、
土地の契約であれば「早く契約しないと、次のお客さんに決まってしまう」、
注文住宅であれば「いま契約すれば、キャンペーンで○○百万円を値引き」
なんてのは、常套句。

確かに土地の購入であれば、急がないと次の人に先を越されますが、
土地の場合、通常いきなり契約ではなく、まずは契約の前段階として
買付申込を入れるのが先。

でも、前述の不動産業者は、ブラっと土地を見に来ただけのお客様を
その日のうちに契約までさせてしまった“凄腕”。
中にはそんな業者もいるのです。ご用心!

(しかも、解約すると法外な違約金が取られる契約内容・・・
 それが一部上場企業だというのだから、おー怖い!)


すがに上記のような業者は少なくなっていると思いますが、
記名・押印を軽いノリで言ってきたら、それは危険な兆候です。

初めての物件購入や家づくりだと、
いろいろな書類があってその重要性が良く理解できないもの。

中には大したことのない書類もあります。

が、契約書のような重要な書類の場合、ちゃんとした営業マンなら
内容や重要性をしっかり説明して、あとからのトラブルを防ぎます。

でも、契約を取りたいだけだったり経験の浅い営業マンだと、
買い手に理解させようとの意識が低い、というか
意図的に説明しないケースさえあります。

知識・経験のない購入者を見透かすように、
さらっと契約させてしまうわけです。

「そんな大事な書類だなんて説明受けていないし、知らなかった」
と言っても、記名・押印がある以上、了承したということ。


とにかく、記名・押印するという行為は、非常に重いもの。
必ず内容と重要性を理解したうえでサインするようにしましょう!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『わずかな違いが大きな違い?! 未完成物件検討時の注意点』
『細かな要望に応じてくれない住宅会社の見極めポイント』
『契約を急かされても・・・ 相談する余裕は持ちたいものです』


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック