住宅会社にネットや雑誌から資料請求をしたら、
しつこく電話がかかってきて嫌な思いをした・・・

なんていう話を時々聞きます。

以前に比べれば、自宅に営業マンが押しかけてくる
ということは少なくなりましたが、
それでも住宅会社によっては自宅まで営業マンが来ることもあります。

ただ単に資料を見てみたかっただけなのに。
これからは迂闊に資料請求なんてできない・・・
と思っても不思議はありません。

でも、なんでこんなに営業攻勢がくるのでしょうか。
毛嫌いする前に、一度相手の立場で考えてみましょう。

いわゆる“傾向と対策”が分かるというものです。


先日、大手ハウスメーカーの営業マンと会ったとき、
この資料請求についての話が出ました。

最近はネットを通した資料請求が多いものの、
なかには電話もつながらず、資料を送っただけで
終わってしまうことも珍しくないとのこと。

また、首尾よくプランや見積提案をしても、
なんの音沙汰もなくなってしまうことも
しょっちゅうとのことでした。


資料を送るのもプランや見積を提案するのも、
受注を目指す営業活動の一環。

単に「資料を送りました」
「プラン・見積を提案しました」では
なんの成果にもなっていません。

会社側も「あの顧客はどうなったんだ?」
と詰められます。

そこでお客さんへ電話して確認するという訳です。


住宅会社の営業マンからすると、
契約できるのが一番嬉しいのですが、
全てが契約できるという訳ではありません。

でも、契約できなった、すなわち
他社と契約したという確認ができないと、
いつまでも宙ぶらりんで、管理顧客として
追っかけなければいけません。

これを顧客の立場から言えば、他社で建てる、
もしくはその会社で建てる可能性が無くなったのなら、
その旨をハッキリと伝えれば、
それ以降の営業は一切なくなるという訳です。


ネットの一括資料請求は、クリック一発で
それこそ何十社から資料が一斉に届きます。

「知らない会社からやたらと資料が届いた」
「しつこく何度も電話がかかってくる」
などと思わないでください。

どこかで確かにあなたが資料請求しているはずです。

不要なら不要とひとこと住宅会社へ伝えれば、
以降の営業は止まります。

 ※もし、プランや見積を提案してもらったのなら、
  自分から断りの連絡を入れるのがマナーです。

  件の営業マンも「昔なら菓子折り持って謝りに来る
  お客さんもいたのに、いまは電話一本も寄越さない」。
  そんな時代なんですかねぇ、と言っていました。


でも・・・

自分と住宅会社お互いにとって良いのは、
めったやたらに資料請求をしないことです。

資料請求するときには
 ・いつ
 ・どんな方法で
 ・どの会社に
 ・どんな理由で
請求したかを、しっかり記録しておきましょう。

そうすれば住宅会社の営業にいらだつこともなくなりますし、
ムダな資料請求も減らせます。

「大量の資料が届いて、手が付けられない」
なんて声もよく聞きます。

資料を請求するということは、
自分でしつこい営業を呼び込んでいるとも言えるのです。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『不動産の売却査定に保証?!』
『モデルハウスでは分からない住宅会社の実態』
『どうしても言いにくい?! 住宅会社への断り方のコツ』




テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック