昨日、ある不動産会社の社長さんとお話しましたが、
その中で“一括査定”の話が出ました。

不動産の一括査定とは、家や土地を売却したい人が
インターネットで複数の不動産会社に査定依頼を出せる仕組み。

不動産の査定額というのは不動産会社によってばらつきがあり、
数社に査定依頼しないと客観的な額が分かりません。

これまでは査定の際には一軒一軒不動産会社に
問い合わせする必要がありましたが、一括査定を利用すれば
手間なく一度にたくさんの不動産会社に査定してもらえるという訳です。


この査定。
ネットの一括査定に限りませんが、よくあるのが

1)高い査定額を提示した会社と媒介契約を締結
      ↓↓↓
2)高い値付けで売り出したものの数か月経っても売れない
      ↓↓↓
3)不動産会社から値下げを打診される
      ↓↓↓
4)値下げしたものの、すでに情報が晒されているため売れない
      ↓↓↓
5)さらに値下げ・・・


という悪循環。

不動産会社からすれば、媒介依頼さえ取れれば
あとは何とかなるということで、高い査定額を提示する訳です。

先週お話ししたご相談者も、ネットの一括査定ではありませんでしたが、
マンションの売却で同じような事態になっていました。


実際にその金額で買取るのであればその根拠や責任は明確ですが、
査定というのはあくまで「それくらいの金額で売れるでしょう」というモノ。

不動産会社の中には、査定額を「一般の仲介に出したとき」と
「自社で買い取りしたとき」の2種類提示し、
仲介で売れなかった時には買取保証をするというところもあります。
(買取価格は、仲介の査定額よりは低くなりますが)

でも、単なる査定の場合、その金額で売れなくても
不動産会社に責任はありません。


しかも、高額な査定をする不動産会社や営業マン。

怖いもの知らずというか無鉄砲というか、
後先のリスクを考えず受注のために良いことしか言わないため、
あとでどんな落とし穴があるか分かりません。

こんな不動産会社は、業界の中では一部でしょうが、
根絶することは難しいでしょう・・・


と話していて、ふと思いついたのが、
「売却額が査定額を下回った際の保証を付ければよいのでは?」
ということ。

例えば、1800万円と査定額を提示したら、
多少の前後はあるので、1600万円以下でしか売れなかった場合、
いくらかの補償金などを支払うというもの。

これなら不動産会社もむやみ高い査定を出すわけにいきませんし、
販売活動に力を入れざるを得ません。

良識ある不動産会社なら当たり前のことですから、
それを“保証”という形で明示すれば、
不届きな不動産会社と差別することになります。

お話ししていた不動産会社の社長さんも、
「それ、いいですねぇ」と好感触。


もしかしたら、そのうちこんな保証を付ける不動産会社が
出てくるかもしれません。

ただ、現時点ではそんな会社はありませんので、
不動産の査定を依頼する際は、高額な査定に踊らされず、
しっかりと査定の根拠や販売の方法などを確認することをお勧めします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『もうじき住宅業界が不動産業界に呑み込まれる?!』
『不動産売却時の税金を抑えるためには』
『大手と地場、不動産会社の違いは?』



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック