機械音痴の草野のカミさんが、
ママ友たちとLINEで連絡を取るようになりました。

するとしょっちゅうスマホをいじってばかりで、
なんだか使いこなしている模様。

そんなカミさんを横目にし、
草野もようやくLINEを始めました。


ブログは比較的更新している草野ですが、
どちらかというとSNSにはあまり積極的ではありません。

その昔のミクシィやツイッターもやっていません。

フェイスブックはやっていますが、
FP仲間の連絡手段となっている関係上、
けっこう遅れて始めました。

一応それなりに更新はしていますが、
使っている機能はごく一部。

いまだにフェイスブックの全容がよくわかっていません。


SNSに引き気味な理由の一つが、スマホ。

草野のスマホはかれこれ5年近く使っている古豪。
スマホなのにテンキー付きで、
ちょっと変わったデザインがお気に入り。

でも、旧型機のためいかんせん非力で、
電話を掛けるにもメールを送るにも写真を撮るにも、
動きがあまりに遅すぎ!

スマホのカメラを起動しても、
30秒から下手した1分ほどウンともスンともいわず、
シャッターチャンスを逃すことなどいつものこと。

同じく、掛かってきた電話に出ようとしても
反応が遅く出そびれることも少なくありません。

いい加減機種変更しようかと思いつつ、
気に入った機種が無く、ずっとのびのび。


今回、LINEを使い始めたのは、
やはりまわりの知人たちからの“圧力”。

でも、アプリをインストールして使っているものの、
スマホの反応の悪さは相変わらずで、LINEは特に反応が悪く、
80%の確率で起動後1分以上反応しません。

正直なところ、まわりにLINEユーザーがいなければ
すぐにでも使用をやめたいところ。


とは言え、LINEのコミュニケーションツールとしての
便利さを感じているのも確か。

画像のやり取りも可能で記録も残り、
グループ間での情報共有も得意。

工務店の中には、お客様ごとにLINEのグループを作って、
連絡に使っているところもあるほど。

確かに家づくりでよく聞く
「言った、言わない」問題も防げそうですね。


草野がかつて建築家コンペのプロデュースをしていた時の
連絡手段はメーリングリストでしたから、まさに隔世の感。
(って、メーリングリストなんて死語ですね)

いまのコンサルティングでも、
LINEを使ってご相談者とやり取りする時がくるかも?

そうなったら、さすがにスマホは買い替えます。
(って、スマホのせいにしているだけだったり(^^ゞ)

まぁ、コンサルティングの現場では、
コンサルティングの込み入った資料を頻繁にメールでお送りするので、
携帯メールやLINEだけではちょっと役者不足。

やはり基本的にはパソコンのメールで
やりとりをさせていただきたいと思います。


ただ、住宅会社との日常的な連絡では、
LINEも威力を発揮するでしょう。

普段、スマホでLINEを使っている方は、
住宅会社にLINEでやりとりできないか確認してみましょう。

営業、設計、コーディネーター、現場監督まで
一つのグループに入れば、やりとりもスムーズになるでしょう。

(草野が言っても、説得力に欠けますけどネ(^^ゞ)


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『縦長テンキー付きスマホが入るスマホ・ホルダー』
『住宅会社との打合せ回数は、相性のバロメーター』
『フェイスブックやってます』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック