昨日・今日と教育関係者からの相談が重なりました。

住宅ローンや資金計画についてお話したあと、
帰りがけの雑談でこんな話が出ました。

「お金についての教育って、学校ではやりませんよね」


そうなんですよね、よく言われます。

最近、大学ではファイナンシャル・プランニングの授業を
行っていたりして、草野も女子大で講座を持っています。

が、これはどちらかというと就職対策としての
資格取得講座という側面の方が強いようです。

FPの中には子ども向けのマネーセミナーをしている人もいますが、
小中高校などで正式に授業に取り入れられている例はあまり聞きません。


また、ちょうど来週、名古屋市の外郭団体が主催する
大人向けのFP講座にて、お話してきます。

(90分間でFP3級の不動産分野のお話をするので、
 超特急のお話になってしまいますが)

ほかにも大人向けなら、投資運用セミナーや相続セミナーなどなど、
お金にまつわるセミナーは花盛り。

これからは大人になってからではなく、
学校でのFP講座というのもアリですよね。

これって社会に出たらすぐ使える、
かなり実用的な授業になると思うのですが。

家を買う時もそうですし、社会保険、年金、投資、税金など、
いろいろな場面で使えるハズ!

中学か高校にでも営業してみようかな?
(って、コネはないんですけどね)

それとも、家計の総合相談センターグループで
主催しても良いかもしれませんね!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『銀行が教えたくない住宅ローンの借り方 お話ししました』
『今年も女子大でのFP講義が始まりました』
『名古屋市男女平等参画推進センターにてFP試験講座お話ししました』


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック