昨日のご相談で、土地のリスクについてのお話が出ました。

土地に関するリスクを挙げてみると、
 ・水害・洪水(津波)
 ・地盤沈下
 ・地震による液状化

といったあたりが代表格。昨日のご相談でも話題に出ました。

できればこういったリスクの低い土地に住みたいものですよね。

リスクのことを考えて土地を探す人であれば、
「値段が安いから」と衝動的に買ってしまい、
後で「シマッタ!」なんてことにはなら無いでしょう。

ただ、リスクを考えるあまり怖くなってしまい、
土地が買えなくなった、なんてことが起こりかねません。


“リスクがゼロの土地”というのは、恐らく世界中探してもありません。

液状化のリスクが怖いので山間の土地を買ったら
がけ崩れの被害に遭ったとか、
先日の新潟の大火のような例もあります。

天災のリスクでなくとも、近隣にゴミ屋敷があったり、
騒音、振動、臭い、日陰、犯罪などのリスクもありますし、
公共交通機関や病院・商業施設が無くなるリスクなど
言い出したらキリがありません。

突き詰めて考えれば、最善の策は「持ち家など止めて
賃貸暮らしを続ける」ということになるかもしれません。
(究極のリスク対策は、地震大国の日本から脱出することかも?!)


これは極論ではありますが、賃貸暮らしにも
例えば老後の住処の心配といったリスクがあります。

このようにどんな選択をしたところで
メリットとデメリット(リスク)はついて回ります。

完璧な土地が無い以上、どのリスクならどの程度まで許容できるか
という、リスクに対する優先順位付けがポイントとなります。


“リスク”は日本語で言えば“危険性”になりますが、
“不確実性”とも言います。

危険が明白ならそもそも選ぶという選択肢はありませんが、
“危険な可能性もある”ために、判断が難しくなります。

例えば、海や川などの水辺に近い土地であれば、
一般的に地震による液状化が発生する可能性が高くなりますが、
かといって地震が起こったからと言って必ず液状化するとは限らないのです。

しっかり地盤調査をして地盤改良をすれば、
不動沈下のリスクは限りなく低くなりますし、
最近は液状化対策にもなる地盤改良方法もあります。


リスクをいたずらに怖がらず、リスクの程度と対策を知ったうえで、
あとは割り切るしかありません。

住む人によって何をリスクに思うかは違いますので、
ご家族でよく話し合うようにして下さい。

そうしないと、ご主人は気に入った土地でも奥さんが反対し、
いつまでたっても家を建てられませんヨ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『土地の購入+注文住宅だと、住宅会社選びを急かされる?!』
『家や土地を決断すめるための3つのステップ』
『土地の購入前に地盤状況を確認する方法』



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック