昨日は住宅ローン・資金計画関係のご相談が3組続きました。

いろいろとご質問をいただきましたが、
その中で、土地の購入+注文住宅の場合、
住宅会社はいつまでに決めればよいのかとのお話が出ました。

土地の購入で住宅ローンを利用すると、
住宅会社選びのタイミングも制約を受けるのです。

このことを知らないで住宅ローンの話を進めてしまうと、
あとから「○○までに住宅会社と工事の契約をして下さい」
と言われ、慌ててしまうなんてことが起こります。


何故か?

住宅ローンの審査は、借りる人の条件(年収や勤務先等)だけでなく、
物件の担保価値も問われます。

銀行は、万一住宅ローンの返済が滞ったら、
担保に押さえた物件(土地・建物)を売却して
貸した資金を回収します。

が、土地を購入した段階では、
担保にすべき建物はまだ建っていません。

銀行としては、土地の購入後、
「やっぱり家を建てるのをや~めた」となって
貸し駐車場を経営したりされたらマズイ訳です。

また、家は建てるものの、建築途中で住宅会社が倒産してしまい、
工事がストップしてしまったら、売るにも売れなくなります。

ですので、銀行からすると建物未完成の状態での住宅ローン実行は
実に危ない状態であり、大手メガバンクの中には、
この状態では一切融資をしないというところがあるくらいなのです。


さすがにそれでは借りる側の使い勝手が悪すぎます。

多くの銀行は土地の購入時に住宅ローンを実行してくれますが、
銀行にとって担保が無いというリスクがある以上、
そのリスクを抑えるために手を打ちます。

その一つが、土地の購入時に融資をする条件して、
工事をする住宅会社を決めてくれ、ということなのです。


これには二つの意味があります。

一つは「確かに家を建てる」という意思表示の意味。
もう一つは「建てる住宅会社がしっかりしており、
工事中に倒産をしない」という裏付け
をとる意味。

ですので、住宅会社が決まっていても、
その会社の経営状態によっては、
融資が下りないということもあり得ます。


また、住宅会社を1社に決めなければいけない時期は、
銀行によって変わります。

一番厳しい、すなわち早いと、ローンの本申込みの際の資料として
「工事請負契約書を添付してくれ」なんていう銀行もあります。

さすがにそれだと住宅会社選びの期間がタイトになりますが、
たいがいの銀行では土地の融資実行時には
住宅会社を決めておく必要があります。

(これも、決めるだけでよいのか、
工事請負契約の締結まで求められるのかに分かれます)

中には土地の融資実行時には住宅会社が決まっていなくても構わない
という銀行もありますが、それはどちらかと言えばレアケース。

もし住宅会社選びをじっくりしたいとお考えなら、
そんな銀行を探すほうが良い可能性があります。


注文住宅をお考えの方は、建物や住宅会社に
こだわりをお持ちのケースも少なくありません。

でも、土地の購入時に住宅ローンを利用すると、
意外と住宅会社選びに時間をかけられなくなる可能性があります。

苦労してようやく土地が見つかったと思ったら、
住宅会社選びで慌ててしまった・・・

なんてことのないよう、スケジュール感をよく理解したうえで、
住宅ローン選び、住宅会社選びをして下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅ローンが通らない?!となる前に・・・ 引越したら○○を忘れずに』
『住宅ローンはいつ申込む?』
『土地選びで迷わないためにやっておくべきこと』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック