先日、お電話でリフォームのご相談がありました。

リフォームをしたものの不具合があり、
住宅会社にクレームを出したものの対応してくれない
というお話し。

「知り合いの工務店ではなく、わざわざ
 名の知れている大手ハウスメーカーに任せたのに・・・」

とのこと。

お気持ちは分かります。
ただ、お電話でお話ししていて何となく違和感を感じました。


この違和感、“大手ハウスメーカーだから絶対安心”
なワケ無いだろう! 営業色が濃くて、
金額や契約にまつわるトラブルが目に余るくらいだ・・・

ということではありません。

率直なところ大手ハウスメーカーが
中小工務店やリフォーム会社と比べて
著しくダメということもありません。

むしろ、「何かあっても逃げられない(会社が無くならない)」
という点では大手ハウスメーカーに分があるのは確か。

まあ、このあたりの毀誉褒貶については、
数多あるネット上の掲示板ででもご覧いただくとして。


では、先の言葉から草野が感じた違和感は何か?

それは、安心を求めて大手ハウスメーカーに依頼したものの、
そこで安心しきって油断してしまったのでは?という点。

相手はプロで、しかも大手。

お任せすれば、少々金額は高くても至れり尽くせり、
カユイところに手形届くようにいいようにしてくれるだろう・・・

と思っていたのに、思いがけないほどのヒドイ出来。
事前の期待との落差から、激しい不満になってしまったのでは。


こういう方は、相手のことを思い遣るがために、
なかなか言いたいことを言えないこともあります。

だからこそ、勝手なことをするであろう
訳の分からない“悪徳業者”ではなく、
大手ハウスメーカーを選んだのかもしれません。

その選択は間違いとは言えません。

ただ、どんなに素晴らしい住宅会社に頼んでも、
任せっぱなしでは希望通りにならない可能性があるのです。


建売住宅のようにすでに形のあるものの売買契約なら
物件に対する行き違いは起こりにくいです。

が、リフォームや注文住宅といった請負契約の場合、
要望次第で内容が変わる上、契約してはじめて工事に入るので、
どのような建物になるかは完成するまで分かりません。

それだけ事前の打合せが重要なのです。


ちょうど本日、ある大手ハウスメーカーと設計中のご相談者と
図面を見ながらお話しをしましたが、さすがデザイン性で売る
ハウスメーカー、実に細やかな提案をしていました。

ただ、それもあらかじめご要望をしっかり伝えていたが故。
いくらプロでも好き勝手な提案はできないものなのです。
(施主の要望を無視したら、それは独りよがりな“作品”です)

「大手ハウスメーカーだから安心」とお考えの方は、
その裏返しとして“丸投げ”しないようにご注意ください。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『建築家選びのポイント・・・ 施工監理はどうしている?』
『値引だけではない! ハウスメーカーとの交渉方法』
『大手ハウスメーカーは大量生産だから安い、ってホント?!』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック