本日は、この夏に完成したご相談者の新居にお邪魔してきました。

初めてお会いしたのが2014年の初秋。
それから2年程かけての家づくりでした。

草野はご要望の整理から始まり、
住宅会社のご紹介などをさせていただきました。


大手ハウスメーカーでの建築となりましたが、
通常の設計者ではなく選りすぐりのデザイナーをご用意していただき、
じっくり設計していただきました。

鉄骨造を活かした大開口のリビングは見もの。

それ以外にもゆったりしたアプローチ、玄関ホールから眺める坪庭、
落ち着いた和室、2台入るビルトインガレージなど、見どころがいっぱい。

軒を深くした品のある佇まいで、周囲に溶け込んでいます。


実際にお住まいになって数か月。ご感想をお聞きしました。

「いろいろじっくり考えたので、思った通りの家ができました」
「住んでみて、失敗したと思ったところが無く、とても満足しています」


良かったです!


ここまでご満足いく家を建てるため、
じっくり打合せやモノ決めをされました。

床のフローリング材一つとっても、
実際に施工されている建物まで見学に行かれたほど。

そんなご経験からこんなお言葉も出ました。

「今だから、ここまでやることが出来ました」


60代のご主人は、お仕事に余裕が出たのをきっかけに
終の棲家をご計画なさったので、余裕をもって家づくりに臨めました。

ただ、これがあと10年遅ければ家づくりに費やせる体力が無く、
逆にもっと若い時に家づくりをしていたら仕事や子育てで忙しく、
家にかける時間も取れなかっただろうとのこと。

これは確かにその通りですよね。

若い方で注文住宅をお考えの方は、
家づくりをしている間は他のことをする余裕が無くなると考え、
できるだけお仕事などの繁忙期からズラすことをお勧めします。


また、老後に終の棲家を建てようという方は、
定年などに合わせて家づくりを行うことをお勧めします。

定年などの変化が家づくりの良いきっかけになりますし、
時間が経つにつれ「もうこのままでいいや」と思ってしまうことも。

また、あまりお年を召されると、住まいの環境が変わることが
身体にとってストレスになることもあるのです。

気力・体力・時間の3拍子が揃った時が、
終の棲家の建て時ですよ!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『その家、買うべきか、買わざるべきか?』
『家はライフプラン次第』
『どこまで将来に備えて家づくりを考えればよい?』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック