昨日は住宅ローンのご相談が二組ありました。

その中で、住宅ローン減税を踏まえて
夫婦で住宅ローンを借りた方がよいのかとのご質問がありました。


住宅ローン減税というのは、
住宅ローンを組んで家を購入したり建築した場合に、
所得税や住民税金が戻ってくる(控除される)という制度。

ただし注意が必要なのは控除される額は人によって違います。

下記の図1の通り、
 1)所得税と住民税(一部)の納税額
 2)毎年末の住宅ローン残高の1%
 3)年間最大控除額(40万円もしくは50万円)

の3つのうち、一番低い金額が10年間控除されます。

▼▼図1▼▼
住宅ローン控除-1


ですので、図2のように1人では所得が低い場合・・・

▼▼図2▼▼
住宅ローン控除-2所得低

夫婦で住宅ローンを借りて所得を合算することで、
図3のように住宅ローン減税をより多く受けられるようになります。

▼▼図3▼▼
住宅ローン控除-3所得低・所得合算


ただし、図4のように借入額が低ければ・・・

▼▼図4▼▼
住宅ローン控除-4借入額低

いくら夫婦で住宅ローンを借りて所得を増やしても、
ローン残高が上限のままですので、控除額は増えません。


ここで挙げたのは一つの例に過ぎず、上記3つの金額によって
どのように住宅ローン減税が適用されるかが変わります。

他にも、所得が高い人は、敢えて自己資金を出さず
借入額を増やすことでより控除を受けられることもあります。

まさにケースバイケース

これから住宅ローンを組む方は、
自分たちの場合はどうなのかよく検討して下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『頭金の額に迷ったら・・・』
『住宅ローンの借り換えメリットは人によって違います』
『住宅ローン控除の手続きはどうやる?』




テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック