昨日は、建築家と家づくりという方からの
ご相談が2組重なりました。

1組はこれから設計に入る予定とのことで、
その前に資金面を押さえておこうとのお話し。

もう1組はというと・・・
設計監理契約を解除しようかとのご相談でした。


建築家に限らず、大手ハウスメーカーや地元工務店であっても、
契約締結後の解約というのは決してレアケースとは言えません。

解約の事情はいろいろ。

ローンの審査に通らないなど資金面が理由であったり、
転勤などでそもそも家づくりそのものが取りやめになったり。

今回は建築家との信頼関係に疑問が出たのが原因。

設計を進めたものの、予算がオーバーしそうになったからだそうで、
これも解約の理由としては珍しいものではありません。

建築家の場合、図面が完成して施工会社から
見積が出てこないと、建築費用が確定できません。

そのため、要望をたっぷり盛り込んで、
素晴らしい間取りになったと喜んだのも束の間、
施工会社の見積を見てビックリ仰天!という話はよくあります。


ただ、今回はそこまでの事態では無く、設計途中で建築家から
「このまま進めると予算がオーバーする可能性があります」
とのアナウンスがあった段階ということ。

施主の側からすれば驚くことに変わりないでしょうが、
今ならまだ設計変更すれば何とかなる可能性があります。

建築家によっては経験不足でにコストコントロールできず、
前述のようにいざ見積が出てきてビックリ!ということもあります。

中には施主の懐具合を察して、余力があると思えば
意図的に予算を上げるような話をする建築家もいます。

そういった人に比べれば、今回の建築家は
しっかりコスト意識を持っている可能性もありますので、
この段階で解約を決めるのはまだ早いかもしれません。

少なくとも、作風や人柄を気に入って設計を依頼したのですから、
もう少し建築家と話をしてみることをお勧めしました。


その際のポイントは2つ。

1つ目は、コストダウンの方法は何かを聞くこと。

建築家によってコストダウンのアイデアはいろいろ持っています。
当然、施主の要望に合うかも問題となります。

話をする中で、具体的なコストダウンの方向性が見えてくれば、
その建築家と話を進める余地は十分にあるでしょう。

もし、コストダウンの話をした時に建築家が嫌な顔をしたら、
設計監理契約を解除した方が良いかもしれません。

その建築家は、コストコントロールが苦手なのか、
コストに糸目をつけずにかっこいい建物を建てたいのか、
単にコストコントロールを検討するのが面倒臭いかのいずれでしょう。


2つ目は、コストの根拠、すなわち過去の実例を知ること。

建築家自身は施工する訳では無いので、
実際の建築費用は施工会社から見積をとるまで分かりません。

でも、過去に同程度のコストでの建築を行った実例があれば、
それが一つの目安になりますし、その実例が多ければなお良いですね。

できればその実例を実際に見学して施主に話しを聞いてみると、
実際にどのように要望とコストをすり合わせたかも分かるでしょう。

せっかくご縁があって一緒に家づくりを進めたのですから、
ここまで確認してから解約を決めても遅くはないでしょう。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『契約後の予算オーバーを防ぐために』
『注文住宅で予算オーバーしてしまったら』
『建築家は長期優良住宅や低炭素住宅を建てられる?』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック