住宅相談センターは明日からお盆休みを頂きます。

お休み前は結構相談が入るものなのですが、今年も同様。
昨日・今日と住宅ローン・資金計画のご相談が続きました。

ご相談内容はどちらも
「候補の物件があるけれども、買っても大丈夫でしょうか?」
というもの。


何千万円ものローンを組んで家計は大丈夫?と迷うのは当然。

今日のご相談では、ライフプランをもとに家計の収支予測
(キャッシュフロー・シミュレーション)を作成し、検証してみました。

ただ漠然と不安に思うのと、今後の家計が数字でハッキリ見えるのとでは、
決意の程度も変わってくることでしょう。


ただ、シミュレーションはあくまで予想。
実際に何が起こるかはその時にならないと分かりません。

特に、今回のご相談者の中には、転勤族で
いつ転勤になるか分からない、という方もいらっしゃいました。

5年後でも20年後でも、転勤の時期が分かれば
それに合わせてライフプランを考えることができます。

が、まったく時期が分からないと、
ライフプランの立てようがありません。

こういう時はどうする?


一つは、状況が固まるまで様子見をすることです。

もう一つは、状況がどちらに転んでも対応できるように
つぶしの利く物件を選ぶことです。

例えば、急に転勤が決まった場合、
賃貸しや売却をしやすい物件を選んでおくということです。

ただ、そういう物件はどうしても金額が上がりがち。

賃貸しするにしても売却するにしても、
当初かけた金額を回収できないリスクもあります。

であればわざわざ借金を背負って家を買わなくても、
しばらくは様子見で賃貸暮らしをするという選択肢もあるのです。


家を買うという事は、これからの暮らし方を変えるということ。
どんな暮らしをしたいか、夢をよく考えましょう。

合わせて、夢を支える現実、つまりおカネのこともしっかり考えましょう!

どのように考えればよいか分からない方は、
お気軽に住宅相談センターにお問合せ下さい。


P.S.

住宅相談センターは、明日10日(水)から15日(月)まで
夏休みをいただきます。

ただ、当ブログはぼちぼち更新しようと思いますので、
よろしければご覧くださいませ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『土地選びで迷わないためにやっておくべきこと』
『頭金の額に迷ったら・・・』
『ライフプランが読めない時の住宅ローンの選び方』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック