4月に「2016年は買い時か?!」というタイトルで
草野の記事を取り上げて頂いたO-uccino タイムズ( オウチーノ発行)。

今度は「マイナス金利政策で家は買いやすくなったのか!?」
というタイトルで、住宅ローン金利についての記事を取り上げて頂きました。

▼▼記事▼▼
オウチーノ紙面_1607


「マイナス金利政策が住宅購入に与える影響」
「名古屋最新金利はどのように推移しているか」
「住宅ローン相談実例から見る賢い購入術」

など、地元名古屋だから見える視点で解説しています。

記事を執筆したのが6月だったので7月の金利動向は反映されていませんが、
7月に入ってローン金利の利下げが一段と進み、
フラット35は過去最低を更新し、返済期間35年で0.93%となっています。

この傾向は今しばらく続きそうで、
住宅ローンは借り時となっています!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『ママ向け情報誌テニテオ7月号に“工務店で家を建てるメリット”掲載』
『“地元専門家が見る 2016年は買い時か!?”記事掲載されました』
『岐阜新聞に「土地探しと建築会社探し」取材協力コラムが掲載』



テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック