本日、住宅相談センターのメールマガジン
『家づくりナビゲーション』のVol.150を発行しました。


巻頭の“家づくり豆知識”は、住宅相談センター代表・吉田貴彦の
「土地購入・売買契約の注意点12『更地解体渡し』」

『不動産売買契約書には、不動産をどのような状態で引き渡すの
 かが決められています。例えば、古家が建っている土地を売買
 するとき、古家を解体して引き渡すのか、現状のまま引き渡す
 かを取り決めます』

『買主が最初から更地(何も建っていない土地)を希望する場合、
 建物を解体して更地とするか、建物も買い受けて自分で解体す
 るかを選択することになります。最終的には解体費用を売主買
 主どちらが負担するかの問題ですので、売買交渉のときにそれ
 を考慮しておかなければなりません』

『一般的には売主が解体して更地の状態で引き渡すことをお勧め
 します。その理由は・・・』


ということで、不動産売買に関わる
更地解体渡しの注意点などを解説しています。


他にも、
 ・住まいづくりアカデミー 8月6日に中日ビルにて開講
 ・夏のライフプランセミナーのご案内
 ・住宅相談センターが講師を派遣 各地でセミナー開講
 ・東海地方の家づくりイベント情報
 ・住宅相談センターのブログ 最近の記事から

といった記事があります。

メルマガ『家づくりナビゲーション』を購読希望の方は、
下記問合せフォームからお申込み下さい。

   >>>メルマガ申込フォームはコチラ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.149発行』
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.148発行』
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.147発行』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック