昨日・今日と梅雨の合間の晴天でしたね。

昨日は気持ちよく施工現場へ外壁検査の
ホームインスペクションでお伺いしてきました。

やっぱり外壁検査は晴れてくれると、安全であるのは当然、
検査もやりやすく助かります!


検査にはいろいろなツールを使います。

工程によって赤外線カメラやレーザー光線によるレベル測定器、
コンクリートの強度を測るシュミットハンマー、
基礎の鉄筋を把握するウォールスキャナー、
木材の水分を測る含水率計など。

これらの機器は特定の工程で使用しますが、
デジカメやメジャー、筆記用具、目印で貼るテープ、
懐中電灯などの小モノは工程に関係なく使用します。


こういった小モノは検査ですぐ使えるよう
検査時には常に身に着けています。

が、ズボンのポケットやシャツのポケット、
はたまたポーチに入れていたりで、
どこに入れていたか分からず、パッと取り出せないことも。

そこで、新しく検査ツールを入れるための
小物入れを買っちゃいました!


例によってポケットフェチの草野だけに、
使うものが整理して納まりすぐに取り出せるよう、
こまごまとしたポケットが必須!

あまりサイズが大きすぎると検査で邪魔になるし、
かといって小さすぎても必要なものが入らなかったり、
取り出しにくくなる・・・

ということで、ネットや店舗でいろいろと物色してたどり着いたのがコチラ!

▼▼小物入れ▼▼
外観

ポケットがいっぱい!

メイン収納部以外に、大小のポケットやペンホルダー、
ファスナー付きポケットまでついています。


▼▼新旧並べたところ▼▼
新旧

サイズはW150×H195×D100mmで、重量230g。

これまで使っていたものよりも二まわり以上大きく、
収納量もたっぷりです!


▼▼実際にモノを入れてみたところ▼▼
収納後

ご覧の通り、各ツールがきっちり納まります。
これなら、使いたい時に、使いたいものがすぐ取り出せます!


▼▼背面▼▼
背面

裏面にはベルトに留めるためのカラビナや
ベルト通しが付いています。

ショルダーストラップを買ってきて、
肩からたすき掛けにしてもよいかも。


▼▼ベルトに装着したところ▼▼
装着

ちょっと大ぶりです。

でも、これぐらいの大きさが無いと必要なものが収納できません。
邪魔になるほどではないので良しとしましょう。


このメーカーは新潟県の中林製作所。
いろいろタイプのな小モノ入れバッグを作っています。

ちなみに、製品についてきたタグがコチラ。

▼▼タグ▼▼
タグ

「多種ポケット主義」って、いい言葉ですね?!

「前ポケットはゴチャゴチャしないように
 沢山のポケットを付けました。
 前ポケットは探しやすく取り出しやすい3段式」

ポケットフェチの気持ちをよく分かってます!


実際に昨日の検査で使ってみましたが、使い勝手も上々。
つくりも頑丈そうですので、長く使えそうです。

このワーカーズレーベルFT-9-Bは送料込みで1576円。
草野的にはとってもお買い得でした!

新しい相棒と一緒に、これからも検査頑張ります!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『インスペクション先からの差し入れは辞退させていただいています』
『ホームインスペクションの名脇役たち』
『縦長テンキー付きスマホが入るスマホ・ホルダー』



テーマ:バッグ
ジャンル:ファッション・ブランド
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック