マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

注文住宅で予算オーバーしてしまったら

昨日は、住宅会社と設計打合せ中の方から、
図面や見積を拝見しながらのご相談でした。

テーマはコスト削減!
これはたいがいの方が悩む問題。

予算が厳しい方は当然ですが、予算に余裕があると思われる方でも、
少なからず予算に合わせるための設計変更が行われます。


予算を抑えるために要望を削るという作業は、
決して楽しいものではありません。

例えば、無垢のフローリングを合板に変えたり、
キッチンのグレードを落としたり。

でも、こうして頑張って削減したつもりでも、
目標額にはなかなか到達しなかったり・・・

何度も何度も減額の話をしていると、
だんだん夢づくりへの夢がしぼんでしまいかねません。


そんなことにならないためのコツは、
まず減額の方針をどうするかを決めることです。

いくら減額するのかによって、
減額の仕方・考え方は大きく変わります。

例えば、3000万円の見積を2700万円まで下げるのか、
2900万円まで下げるのかによって、
減額の仕方は大きく変わります。


3000万円を2900万円に減額するのなら、
仕上げ材や住設機器のグレードを細かく見直していけば、
何とか目標額に到達できるかもしれません。

でも、そのやり方で3000万円から300万円減額するのは、
至難の業と言わざるを得ず、大きな減額をするには
それだけ大ナタを振るわなければいけません。


減額にあたって一番てきめんなのは、建物の面積を小さくすること。

例えば坪単価が55万円なら、
4坪(8畳)面積を小さくすれば220万円程度減額できます。

他には、床暖房や太陽光発電といった
高額な設備機器を取りやめることも効果があります。


ただ、そこまで大幅な変更をするということは、
もともとの家への要望を大きく変えてしまう可能性もあります。

それでもコスト最優先と割り切るなら良いのですが、
そこまでしたら家を建てる意味がなくなる、というなら
コストと要望のバランスをどう取るのかをよく考える必要があります。

場合によれば、コストが合うように住宅会社を変更するといった
決断が必要になるかもしれません。


本来は、住宅会社と話をする前に、家づくりの方向性や
要望をしっかり固めておくことが重要。

でも、具体的な設計打合せをする中で、
考えが変わることも少なくありません。

そういう点では、常に家を建てる原点=目的に帰ることが、
限られた予算の中で満足できる家を建てるコツとも言えるでしょう。

あまりにスムーズに進み過ぎると、
家に対して深く考えずじまいになることもあります。

コストの壁にぶつかった時こそ、
本当に自分たちにとって何が必要かを見極めるいいチャンス!

よりよい家づくりをするための大事なステップと考えましょう!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『値引き額に惑わされないように』
『間取りを比較するときに、間取り以上に大事なことは?』
『息切れに注意! 暮らし勝手に直結する新居のモノ決め』



|  |-間取りとデザイン | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/2816-61078f3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT