本日は住宅会社選びのご相談の中で、
値引についてのご質問がありました。

A社は数百万、B社は値引きゼロ。
これってどうなのでしょう?とのお話です。


まず言えるのは、値引き額にはあまり意味はない、ということです。

値引の仕方に共通ルールはありません。
各社それぞれに考え方があります。

会社によっては「定価」を決め、受注状況などに応じ、
仕事が少ないから値下げするといった対応をすることもあります。

が、中には材料費や人件費を積み重ねて金額を弾いたら、
一切値引きしないという会社もあります。

これは良し悪しではなく、考え方の違いです。

人によって、価格交渉の余地があるA社の方がいいというかもしれませんし、
誰に対しても同じように接するB社の方が誠意あると思うかもしれません。

ですので、大事なのは値引き額ではなく、値引き後の金額なのです。


パッと見ると数百万円の値引はすごいと思うかもしれません。

本来高額なものをこんなに安く買えた、
なんていう満足感も得られるかもしれません。

でも、もともとの定価は単なる見せかけ、
もっと言えば、値引きを前提に膨らませた金額かもしれません。

値引き額に惑わされないようにご注意下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『“今月限定キャンペーン”と言われたら?』
『間取りを比較するときに、間取り以上に大事なことは?』
『住宅会社選び その見積で比較できる?!』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック