先日のこと・・・

住宅相談センターの事務所に宅配屋さんがやってきました。

受け取りに出て、伝票にサインをしようとした草野。
配達のお兄さんの手を見ると、束になった伝票が。

思わず荷物を見たら、台車の上には大量の段ボール箱!
こんな大量のブツを頼んだ覚えはありません。


いった何ごと?
まさか、何かの嫌がらせか?!

と言って、あて先は確かに住宅相談センターになっています。
受け取らない訳にはいきません。

とりあえず、大量の伝票に受け取りのサインをして
事務所裏手の倉庫に入れてもらうことに。


台車に山積みの段ボール箱が倉庫に移し終わってヤレヤレと思ったら・・・

「まだあるんで、取ってきます」
とお兄さん。エッ、まだあるの?

それを数回。その数ナント50箱!
倉庫はいっぱいで入りきらず、
残りの半分はカウンターの裏手にも山積み!

▼▼倉庫からあぶれた段ボール箱▼▼
段ボールの山


いやいやいったい誰がこんなものを送ったのか?
そもそも、何が入っているの?

伝票の発送元には某出版社の名前。
段ボール箱を開けて、中身を見てみると・・・

▼▼中身▼▼
開封した段ボール


そこに入っていたのは
「マンガでわかる中古住宅の購入時にしっておきたい支援制度」

▼▼表紙▼▼
表紙

部数は、段ボールひと箱に200部、それが50箱で・・・
ナント10000部!

嫌がらせではなさそう。。。


いやいや、嫌がらせなんてトンデモナイ!
この冊子は、公益社団法人・不動産流通推進センターが発行した、
真面目な冊子。国の補助金で作られたものなのです。

いま、国は中古住宅の流通活性化のために、
全国各地の団体に補助金を出し、様々な施策を行っています。

その一つが首都圏既存住宅流通推進協議会で、
今年度の活動成果の一つがこの冊子というワケ。

かくいう住宅相談センターも国の補助金をもらい、
既存住宅品質サポートセンターを運営している、お仲間。

そこでお裾分けがやってきたということなのでした。


この冊子、タイトル通り、マンガを使いながら、
中古住宅の取り引きのことが分かるというスグレモノ。

▼▼マンガ▼▼
マンガ

マンガだけでなく、瑕疵保険制度やインスペクション、
減税制度などの解説や、知っておきたい基礎知識なども解説。

▼▼減税制度▼▼
減税

▼▼基礎知識▼▼
知識

中古住宅購入を検討中の方や、住宅・不動産業者にも役立つ内容。


既存住宅品質サポートセンターの会員事業者など、
住宅・不動産業者にも配布しました。

が、まだ住宅相談センターの倉庫には5000部が眠っています。
ご相談者や店頭で配布しても配り切れません。

このままでは宝の持ち腐れになってしまうので、
ご希望の方はには無料で差し上げます!


た・だ・し!

郵送するのは人手的に難しいので、申し訳ありませんが、
住宅相談センターまで取りに来てくださる方限定です。

名古屋・栄の中日ビルにお越しの際は、
1階の住宅相談センターのカウンターまでお越し下さい。

店頭のラック入れてあるので、ご自由にお持ち帰りいただけます!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『なぜ日経新聞一面トップに“中古住宅取引 透明に”の記事が掲載?』
『国交省補助でホームインスペクション実地研修行いました』
『家を買うときの指針「家しらべ・住宅調査書」発行しました』



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック