今週は施工中の検査(ホームインスペクション)が多く、
昨日、今日と現場にお伺いしてきました。


本日は基礎の配筋検査

鉄筋が組み上がり、型枠がセットされた段階で、
鉄筋の間隔や太さ、補強、コンクリートのかぶり厚などを確認します。

よく指摘が出るのが、配管が基礎を貫通する個所。
補強しないと強度が弱くなるからです。


ただ、だからと言って補強筋を
たくさん入れれば良いという訳ではありません。

補強筋をたくさん入れると鉄筋が密集してしまい、
コンクリートがうまく流れ込まなかったり、
かぶり厚を確保できなくなるからです。


今回の現場は職人さんがよく気の付く方で、
「とりあえず多めに補強を入れておきましたが、
 多過ぎれば外すので言って下さい」
とのこと。

ほとんどは問題なかったのですが、
一カ所だけ必要なかぶり厚が取れない個所がありましたので、
鉄筋をその場で外してもらいました。

しっかり補強を入れてもらっていたため、
ここを外すためには、まずこっちを外して次にそこを外して・・・
とまるでパズルのようで、鉄筋一本外すのにもひと苦労。

それでも
「ここで直しておけば確認の手間も省けますし、
 お施主さんも安心しますから」

と他の指摘個所も含めて、全てその場で対応いただきました。


こういう現場は、検査する立場としてもやりやすいだけでなく、
良い建物ができることでしょう。

気持ちよく現場から帰ることが出来ました。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『ホームインスペクションで検査できなければ、ちゃんと返金します』
『施工中のホームインスペクションを行うタイミングは?』
『ちゃんとした基礎コンクリート工事をしてもらうには?』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック