昨日、中古マンション購入のご相談をお受けした際、
名義についてのご質問をいただきました。

不動産の名義の付け方(持ち分)については
頻繁にご質問いただきますので、ここでご説明します。


名義というのは、その不動産の所有者が誰かということ。
所有者は一人のこともあれば複数のこともあります。

所有者(名義人)が一人であれば単独名義となり、
100%がその人の持ち物(持ち分)となります。

もし所有者が複数いれば共有名義となり、
誰がどの程度の割合を所有しているか、
持ち分割合を設定することになります。

この持ち分割合は、例えば夫婦で共有する場合、
ご主人70%、奥様30%のように設定されますが、
どのように設定しても構いません。

ただ、設定のやり方によっては
贈与税が発生することがあるので注意が必要なのです。


例えば、自己資金を出すのも借り入れも、全てご主人の場合。
支払割合はご主人が100%で奧様0%となります。

それで、持ち分割合をご主人50%に奥様50%にしたら。

ご主人が奥様に家の半分を贈与したことになり、
その分が贈与税の対象になってしまうのです。

ですので、不動産の持ち分は、
家への出資割合に合わせるのが一般的となります。


「家を買うのに誰がいくら出したかなんて分からないでしょ?」
と思うかもしれません。が、そんなことはありません。

不動産を取得して法務局で登記を行うと、
その情報は法務局から税務署など関係する役所に連絡されます。

税務署はその情報をもとに、不動産の取得者にお尋ねを郵送します。

取得者はそのお尋ねに住宅取得資金の出どころなどを記載して
税務署に送り返すことになります。

その記載内容が疑わしいと、調査が入ります。
悪いことはできませんヨ!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『大幅に制度拡充した住宅取得資金の贈与税非課税の特例』
『不動産取得税と軽減措置』
『離婚したら住宅ローンはどうなる?!』



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック