昨日は、図面や見積を拝見しながら
住宅会社選びのご相談をお受けしました。

何度も図面を修正し、間取りはどれも遜色ないレベルになったので、
何をもって1社に絞るかとのお話しになりました。


まず考えらるのが“金額”。
安い方が良いに越したことはありませんよね。

ただ、安かろう、悪かろう、ではダメ。

金額以外に使っている仕上げ・設備の仕様(グレード)や
建物の性能も確認しなければいけません。


そこに加えてお話しをしたのが、営業マン

特に注文住宅の場合は、いったん契約しても
まだまだ設計委の打合せは続き、さらに施工も待っています。

相手は海千山千の営業マン。

その営業マンが気に入って契約したものの、
契約したとたん、釣った魚にエサはやらないとばかりに、
手の平を返したように顔を見せなくなることもあります。

そこで、その営業マンのホンネを探りたいところ。


そのための方法として、例えばその営業マンが担当して完成した
OB施主宅を訪問して、話を聞いてみる方法があります。

商談から契約、設計打合せ、施工、完成後のアフター対応など、
営業マンの対応の様子を聞いてみるのです。

ただ、OB施主宅の訪問は相手の都合もあるので、
なかなかすぐに行けないこともあります。

そんな時は、その営業マンにこれまでの経歴を聞いてみるのも手です。


例えば、転職を繰り返していたら。

住宅・不動産業界は人の出入りが激しいので、
転職自体はダメとは言えません。その転職の理由が問題。

例えば、何の脈絡も無く、業種もバラバラだと、
単に営業職としてたまたま家を売っているという程度の意識で、
経歴を聞いても大した話が出てこないかもしれません。

逆に、家づくりが好きでこの仕事をしている人は、
業界に入るきっかけや、その住宅会社を選んだ理由、
そしてこれまで携わった家づくりのエピソードなど、
ちょっと水を向けただけで、いろいろ語ってくれるでしょう。

そんな営業マンは、職責上契約後の打合せ等に頻繁に顔を出せなくなっても、
進捗が気になり、できるだけ顔を出すようにしてくれるでしょう。


営業マンは接客のプロでなかなか本音を見抜くのは難しいかもしれませんが、
好きで楽しんで仕事をしている人は、態度に現れるもの。

好きで仕事をしてれば、何ごとに対しても前向きで
よりよい家を建てたいという気持ちも強いもの。

「好き」が全てではありませんが、
どうせなら家づくりが好きな人と家を建てたくないですか?


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『間取りを比較するときに、間取り以上に大事なことは?』
『住宅会社選び 遠慮せず数社に声をかけましょう』
『モデルハウス・モデルルームではここに注意!』




テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック