本日は土地探し中の方からのご相談がありました。

その中で、大手と地場、それぞれの不動産会社の
違いについて、お話しが出ました。


やっぱり大手と地場では違いがあります。

例えば物件の情報量。
大手の方が多かったりします。

普通の人が家を売ろうと思えば、
ブランド力や安心感のある大手不動産会社に
行ってしまう傾向があるからです。

ですから、購入希望者が大手不動産会社に行けば、
たくさんの物件情報を出してもらえるかもしれません。


が!

たくさんの情報が出てきても、気に入る物件が出てこなければ。
また情報がどんどん出てくるかと言えば、そんなことはなかったりします。

大手不動産会社は組織としてキッチリしている反面、
ノルマが厳しかったり、効率重視だったりします。

手持ちの物件で成約に至らないような面倒なお客さんは放っておいて、
すぐに成約しそうな別のお客さんを追いかけたりします。

ブランド力があってお客さんがたくさん来る分、
お客さんを選り好みできる、という訳です。


それに対して地場の不動産会社。

あまり一般の売主からの依頼は入らなかったとしても、
その地域の情報に精通していたり、
地元に長い付き合いの地主さんがいたりします。

そういった地主さんから掘り出し物の情報が出てきたり、
付き合いのある地主さんに売却を掛け合ってくれたりします。

ブランド力がない分、来たお客さんには
じっくり付き合ってくれたりもします。


・・・と書いてしまうと、
地場の不動産会社の方がいいんじゃない?
と思ってしまうかもしれませんので、補足すると。。。

こういった傾向がある、とご理解ください。

大手と地場、それぞれ得意不得意がありますので、
やはり両方の不動産会社に声をかけた方が良いでしょう。

また、会社の規模による傾向以上に、
担当者による違いの方が大きいもの。

何社か不動産会社をまわって、
良さそうな会社や担当者を探してみてください。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『土地探しと住宅会社選び、どちらが先?』
『不動産取引の“両手”と“片手”とは?』
『中古住宅探しの前にやっておくべきこと ひと手間惜しむべからず』



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック