本日は住宅購入前のホームインスペクション(住宅診断)を行った方に、
報告書のご提出・ご説明をしました。

家の出来は良かったのと、検査時にも口頭でご報告していたので、
報告自体はわりと簡単に終わりました。

で、そのあと精算についてのお話しをしました。


実は、今回のホームインスペクションでは、
当初お申込みいただいた業務が一部できなかったのです。

今回のご依頼はインスペクション以外に
 ・資金計画
 ・住宅ローン選定
 ・売買契約書のチェック

なども含んだ「建物購入安心パック」でしたので、
料金は事前にいただいていました。

が、インスペクションの一部が実施できませんでしたので、
当然、その分の料金をお返しするという訳です。


実際に建物を見てみたら、予定していた検査ができなかった。
時々こういったことはあります。

今回で言うと、屋根裏や床下の検査を行うことが出来ませんでしたし、
時には検査の回数が減るなんてこともあります。

そんなとき、住宅相談センターでは
ちゃんと料金を返金しますのでご安心を!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『新築住宅のホームインスペクションが重なっているのはなぜ?』
『ホームインスペクションの中身は検査料金だけでは計れません?!』
『住宅相談センターのコンサルティング料金の支払い方法について』



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック